Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】親友の彼女に(そののち・・・)【セフレ】

前回、親友である草津の彼女、仮称(大堀)の寝姿で射精した翌朝、草津の別れ際の
「意味ありげな笑み」が引っかかっていた2日後、草津からメールが来た。
五月一日、17時43分着のメールだ。
「今日仕事? 終わったら俺んちで飲まん?」というものだ。
奴から飲みの誘いメールが来る事自体はさほど珍しくもないのだが、なぜに「奴の家で?」
というなぞが湧き出してきたと同時に嫌な予感みたいなものもあった。
「やはり、草津に見られたのかも」という思いに駆られ、誘いを断ろうかと迷っていたが、
足は草津の家に向いていた。
会社から草津の家までは、電車で2駅。かなり近い。
草津の家には19時頃に着いた。
道々、草津への言い訳の構想などを練っては見たが、名案は湧かない。
草津に正直に謝るしかなさそうだとブルーな展開を想像して奴の家のドアたたくが、意に反して、「おお!すまんすまん!まぁ、駆けつけにこいつでも飲めよ」と満面の笑みで缶ビールを
手渡された。
出鼻をくじかれたのと草津の満面の笑みがかえって怖かった。
「この前はおつかれ、OO(大堀の本名)も喜んでいたよ。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年8月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】穴豚【セフレ】

私は数年に渡って渡航を繰り返し、あのアジアの某国(今回も名前は伏せます)で様々な体験をしました。
今回は特にその中でも、独特の因習にまつわる、不思議で、そしてものすごくエロティックなお話をします。
20年前当時、貧民を多く抱えていた北部の貧困地帯では、人身売買が当たり前のように行われ、多くの少女が街に売られ、性産業に従事していました。
この辺のお話は前回したので割愛します。
今回お話しする「穴豚」とは、そんな性産業とはあまり関係ない、農村地帯の習慣のお話です。
私が「穴豚」を初めて見たのは、渡航するようになってちょうど1年目くらいでした。
現地でひいきにしていたコーディネーターに連れられ、農村地帯に遊びに行った時の話です。
車で何時間も走り、農村らしき小さな集落をいくつか訪れていたのですが、その集落の中で2箇所ほど、不思議な光景を見ました。
だいたい、この手の集落には、村の中ごろ付近に広場のような場所があります。
集落を通る途中、その広場に木でできた柵と、その上に屋根をつけただけの小屋があり、その中に2〜3の人の少女が入れられているのを見ました。
近くで見ると、小屋は本当に柵と屋根だけで床も無く、まるで学校の校庭にある飼育小屋のような、正直それよりも粗末な簡単なものでした。
小屋の前を通る時、少し覗き込むと、小屋の中にいる少女は小学校低学年か、それ以下の幼い幼女のようでした。
不思議に思い、コーディネーターに聞いてみると「あれは穴豚だよ。」と現地語で説明されました。
「穴豚とはなんだ?」とコーディネーターに聞いてみると、彼はニヤニヤするだけで教えてくれません。
しつこく聞いてみると「目的地の村にもいるから、そこで詳しく教える。」と言われました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2015年8月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 二話【セフレ】

「なんとか上手くいったか……」
 晃はソファで息を吐いた。深く眠り込んだ奈津美に起きる気配はない。 晃はその奈津美のスーツをそうっと脱がしにかかる。
 ブラウス姿にすると酒の匂いが強まった。
 クールな美人が頬を染めて酒の匂いをさせるのはそそる絵面だ。
 さらにブラウスのボタンを外していくと、青い宝石つきのネックレスが覗く。
「高価そうだな。この石ころで何百万するんだ?」
 晃が毒づいた。奈津美という人間の恵まれぶりを象徴するようだ。 晃は劣等感に苛まれながら奈津美のブラジャーを剥ぎ取った。
 豊かな乳房が零れ出す。
 カップはEかFか、28歳とあって少し崩れてはいるが、突き上げればさぞかし揺れるだろう。
 乳輪と中心の尖りは初々しいピンクで、男の扱いに長けるイメージとはややギャップがある。
 ボディラインはスレンダーだ。
 縦に一筋入った腹筋はスポーツジムの女を思わせる。
 海で焼いたのだろうか、肌がほどよく色づいた中で乳房だけが白い。
 晃はさらに奈津美のベルトに手をかけた。
 ベルトを外しロングパンツを脱がせると、黒のストッキングが視界に飛び込む。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年8月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】風呂覗き【セフレ】

私は、25歳のOLです。二ヶ月ほど前に職を替えたので、収入は激減。
そのため、知り合いの家に下宿させてもらっています。
その家に、中学生の男の子がいるんだけれど、
私がどうも私のいないすきに、部屋に入り込んで、下着
などを触っているみたいなのです。
それから、私がお風呂に入っていると決まって脱衣所に現われて
洗面を使うんです。たぶん、すりガラス越しに私のシルエットを見ているんだと
思います。
私は別に見られてもどうということはないし、そんなに私のことが気に
なるんだったら、裸ぐらい見せたっていいと思っていました。
そんなことを繰り返していたある日曜日、私が一人でいるとその子が
部活から帰って来ました。汗まみれで真っ黒なのですぐに風呂を沸かして
入って行きました。私はふと、いつも私の下着や風呂場を覗こうと
しているのでからかってやろうと思い、風呂場の外から声をかけました。
「ねえ、いつも私が風呂に入っているとここからシルエットを見てるでしょ、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年8月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【セフレ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】母親【セフレ】

高校卒業後ずっと海外に行っていたので母親とは5年ぶりぐらいに会った。
控えめでおとなしい母親だったが久々に会うと少してれくさい。なんか美人
になった気がした。白いスーツを着て、少し香水の匂いもした。昔はそんな
格好しなかったと思ったけど・・・・まさか彼氏でもいるのか? もう40
後半のおばさんだからだれも相手にしないと思うが・・・・
以前とちがった印象の母親に嫉妬を覚えながらちゃかした。「どうしたん、
おかん、なんか綺麗になったなー」そういって俺はおしりをポンとたたい
た。「こらっ!エッチー」と赤い顔をしたところはオバはんだ!。
この日はめずらしくフランス料理がいいと言って、ワインも1本空けてしま
った。
以前では考えられない。母も息子に会えてうれしそうだったが俺は妙に遠い
存在に感じた。母は帰りのタクシーで寝ていた。少しめくれたスカートから
のぞく母の白い太腿を見て ゾクゾクっとした。まずい・・・今までにない
感情が・・・そうこうしていると家に着いた。
家で母の携帯を覗き見した。やはり若い男が・・・・ショックだった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2015年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】バイト先のいい肉付きした短大ブスとやった 【セフレ】

2013/03/08at11:03AM

性欲に負けてブスとやった人いる?スレより

<>794:えっちな18禁さん:2013/03/01(金)02:13:21.91ID:/guPNcY+0<>

学生の時にバイト先のいい肉付きした短大ブスとやった。
温泉街にあるカフェで観光客相手に夜12時まで開けてた。
たまに酔っ払った客も居て、ブス美を口説く客も居たが
内心こんなブスよく口説く気になるなぁと思ってた。
ある時、泥酔した客が店内でゲロった。
俺は何だよ!と思ってどう片付けようか思っていると
ブス美はサッサと素手で塵取りに入れ片付け始めた。
「俺が汚いよ。」と言うと「後で洗えばいいんだから」と

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年8月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】熟女【セフレ】

 駅のソバの賃貸でアパートを借りるお店に入りました。岩手県の盛岡市から出てきて、私立大学に入学したばかりです。
 実家は両親ともに共働きで、父は農協、母はコンビニで働いて仕送りをしてくれています。
 毎月15万円なので、学費と住居費、食費で消えてしまいます。
 アルバイトで、家庭教師を2軒受け持っています。女子高生で2年生が二人で、かなり有名な大学を狙っています。
 アパートは1DKで、6畳の和室がついて、入り口は6畳のフローリングの台所と食堂、小さなトイレ、お風呂もいまだにタイル張りなんです。
 でもベランダには洗濯機も置けるし、洗濯物も干せます。
 築34,5年なので、壁も薄くお隣さんの物事も全部聞こえます。
 ここを紹介してくれたオバちゃんは、45歳ぐらいでかなり豊満な肉体と、淫乱そうな顔をしていました。
 身長は155cmぐらいで小柄なのですが、オッパイはDカップ位のアンバランスな体系です。その彼女がお隣さんに住んでいたのです。
 家庭教師のバイトを終えて、近所の食堂でオムライスを食べて、11時頃帰宅しました。お風呂にお湯を張り、布団を敷いて寝る積りでした。
 所がお隣の豊満な奥様の呻き声が突然聞こえるのです。
「ウウウン〜ン、あうあうあう〜、気持ちが良いよ〜」
 ぐにょぐにょと卑猥な音が聞こえます。ぐちゅぐちゅと掻き混ぜる音までします。
 ベランダに出て、薄い間仕切りから、洗濯機の上に乗りそっと覗き込みました。
 照明は暗くしてあり、本当に満月の月明かりが部屋に入っています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【王様ゲーム】新島(補足事項) 【乱交】

懐かしい30年前の新島
夜の砂浜やボートの陰、浜茶屋、ありとあらゆるところで
セクスしまくったな。天の川が仰ぎながら腰振っていた。
毎晩相手は違うのよね。楽しかったな
あのころは矢沢永吉のアルバムが車からも店からも
流れていたなぁ。。・
まだリーゼントにアロハってなヤンキーが全盛期。

今こんなおばさんが浜でやっていたら
きしょいよね ワラ

なつかしいー
おっちゃんがちょっと懐かし話するよ〜
サーフィンしにダチ3人とよく行ってたんだけど(マジで目的はサーフィンだった)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2015年7月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【王様ゲーム】近所にいるエロガキ 7.〜9. 【乱交】

私達があの小学4年生の子供にsexさせれてから数日。。
私と香織はあれから、ことあるごとにその子からに呼び出されて、部屋を訪れ、その子の求めるがままにsexの相手をさせられました。。
それは本当に、その子の性処理の為の奴隷でした。。。。

その子は私と香織で味をしめたのか。。。
いつしか私達が住むマンションの他の主婦達にも手を出し始めているようでした。

事実私と香織以外にもその子の部屋を出入りする主婦達を見かけることが多くなっていき、
またおそらく私と香織のとき同じように脅迫したばかりなのでしょう。。。
その子が、青い顔をした主婦をニタニタしながら今まさにマンションの自室に連れていこうとしているのも見たことがあります。。。

その子の手口は基本的には私と香織のときと同じく、幼児虐待などで何かしらの因縁をつけ、まんまと自分の部屋に連れ込みsexしたところを盗撮してその映像を脅迫の道具とするという手口のようでした。。
その子が最初に私と香織に命令した”マンションの他の主婦達”には絶対に言わないこと強調した意味は、おそらくこのような手口をこれから自分の物にしようとしている主婦達に知られたくなかったのでしょう。

また警察や学校の先生等にその子のことを言っても

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年7月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

このページの先頭へ