Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【寝取られ】自慢の彼女を元カレに抱かせてみたら2 【NTR】

会社の経理だった穂乃果と、本当に幸せな毎日を過ごしていた。それが、俺が穂乃果の元カレに嫉妬したことで、変な道に外れて行ってしまった

その挙げ句、俺は穂乃果を元カレに会いに行かせた。そして、一人で穂乃果の帰りを待つ間、最後までして欲しいという気持ちと、穂乃果に限って最後まで行くはずがないという思いとで、胸が潰れそうな時間を過ごしていた。

そして帰ってきた穂乃果は、スマホで録音した、彼との衝撃的な行為の一部始終を聞かせてきた……。

#8212;#8212;元カレのモノを飲み込んでしまった穂乃果。それだけでも充分に衝撃的で、胸が潰れそうだったのに、再び始まったボイスレコーダーアプリの音声は、俺にとどめを刺してきた。

「悪いw お前のために溜めといたんだよw」
楽しそうに言う元カレ。
『はぁ? なんで私のためなの?』
穂乃果が、少し雑な言い方をする。俺にはこんな口の聞き方をしない。元カレのことを低く見ているという風にも言えると思うが、裏を返せば凄く打ち解けているとも言えると思う。俺にはしない態度を取る……それに嫉妬をする俺がいる。

すると、横の穂乃果が、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年4月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】聡子13歳 その1それはお昼休み。【セフレ】

私の通う中学の教室は、この時間ものすごい熱気で溢れかえっている。おしゃべりに花を咲かせる女子生徒たち、プロレスに興じる男子生徒たち、そして無数のグループに分かれ、雑誌や漫画を覗き込んでいる生徒たち…
 私も、そんな熱気の中の一つだった。今私の周囲には、3人の女生徒が集まっている。3人は黄色い声を上げながら、タレントやスポーツマンの先輩たちの話題に興じていた。彼女たちとは、入学してすぐ知り合った。向こうから、私に声をかけてきたの。その時から、私と彼女たちとの間には、誰にも言えない秘密があった。
 私、いまから恥をかくの。死んだ方がいいとさえ思えるような恥。
 それが彼女たちとの「約束」だった。約束を守らなければ、今の私には破滅しかない。
 私の後ろにいた優子が、突然私の頭をはたいた。何の脈絡もない。力も入っていず、痛いこともなかった。端から見ていれば、じゃれあっているようにしか見えないだろう。
 …でも、これが合図…
 「やぁ、いったぁい!」
私は「打ち合わせ通り」、右後ろに座っていた子の膝をはたいた。
 「あ、私じゃないよぉ!」 
私にはたかれた子、茜が笑いながら叫ぶ。
 「あんたのせいよ!」
彼女は、いいざまに優子の脇腹をつついた。くすぐったそうにけたたましく笑いながら、優子がまた私をはたいた。
 …始まる…
 彼女たちの手が、一斉に私に襲いかかってきた。脇腹を、脇の下を、胸を、うなじを、彼女たちの手が這い回る。彼女たちは歓声を上げながら、私の身体をもてあそんだ。正面にいた美智子が、私のおっぱいを力任せに握りしめる。
 「ああはあっ!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年4月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ある雨の日に【セフレ】

 去年の出来事です。元来子供好きな性分だったんですが、いつの間にか少女を性の対象としてみるようになりました。近所でも子供好きなお兄さんで通っていた為、共働き家庭の子供達男の子も女の子も関係なく私の家に昼夜問わず出入りしておりました。
ある夏の台風の日、珍しく誰も出入りが無く今日はもう誰も来ないな…って思いながら一人静かにTVを見ていたら、よしみ(仮名)がひょっこりと一人で遊びに来ました。
いつも元気で明るく男勝りな女の子だったので、普段はジャージとかジーパン姿だったのに、今日に限ってニット生地のワンピースで遊びに来ていました。その事を言うとたまには女の子らしくしなきゃねって少し照れながら二人並んでジュースを飲みながらTVを見ていました。
私がタバコに手を伸ばし体を横にしながら振り返るとよしみのパンツが丸見え、他の女の子のパンチラは見慣れていてなんとも思わなかったのに今まで何回も遊びに来ているはずのよしみのパンツを始めて目の前にして、ここから私の性癖が狂っていったのではないかと思われます。なんでもないふりをしていたけれど妙に気になってしまいどうやってパンツをもっと見れるかを考えておりました。何気に足をじっとみていまして、マッサージをしてあげるって誘えば…思惑通りよしみにその誘いに乗ってきました。
ベッドにうつ伏せにさせて下心を抑えながらまずは脹脛からマッサージ開始。そしてよしみの足を広げてその中に割り込む型でマッサージを続けておりました。
そして、はやる気持ちを抑えゆっくりゆっくりと脹脛から太ももへ… 最初はスカートの上からマッサージしていたのを、いかにもスカートが邪魔だといわんばかりに少々強引に捲り上げました。よしみもマッサージされてるんだからって気持ちだったのでしょう、私の思惑など予想だにしていなかったと思われます。しかもまだ子供でしたし。
こうなればしめたもので、遠慮なく太ももからパンツの上から小さなお尻を揉みしだいていきました。足を広げている状態ですから所謂、大事な部分が布切れ一枚で覆われているだけでした。
私は調子に乗り、その部分にまで指を押し当てたり、パンツの上からワレメを押し開くように揉んだり… 10分もすると湿り気を帯びてくるのがわかりました。時折クチュックチャッというような可愛い音がするようになりました。よしみはうつ伏せのまま何かしらの漫画を読んでいましたが、その読む手も止まり寝たふり?をしていました。そんなけな気な少女を目の前にして、私は爆発寸前でしたがまだまだ我慢時と自分に言い聞かせておりました。
更にパンツを横にずらし中身を覗きました。こんな小さな少女でも濡れるんだと感動した瞬間でした。そこで割れ目を広げ、その体液を指先に絡め膣口をクチュクチュと触り包皮の被ったクリをその包皮の上からそっとなでるとよしみはピクンとお尻を震わせました。体液はサラサラとしていましたが乾く事無くジクジクと溢れていました。私は思い切ってパンツを下げて足から抜き取ってしまいました。
よしみは相変わらず寝たふりを続けていましたが明らかに起きている筈です。これだけ触られて体をピクンピクンとさせているわけですからね。また足を広げると今度は邪魔なパンツも無いわけですから全てが丸見えです。少々強引に足を広げてもぴたっと閉じている割れ目は綺麗で可愛いものです。
また割れ目を広げ、私も腹ばいになりよしみの割れ目に顔を押し付け、舌をそっと伸ばしてみました。
膣口を舌先で突付きクリを舐め上げました。よしみの尻に力が入っているのが見て取れます。
強引にも尻肉を掴み広げ、クリを舐め続けました。それからものの20〜30秒ほどでよしみはお尻を少し持ち上げ気味にビクビクッと震わせてため息ひとつついて、がばっと起き上がってお兄ちゃんのHって顔を赤らめて泣いちゃいました。こんな少女でもそれなりの愛撫をすれば感じて濡れて、イクんだと実感したものでした。
そんな事があって以来、他の子供達がいない二人の時はクンニしてあげています。まだ子供なので、挿入は考えていません。何度か小指を突き立てたりしますがあまりにも小さすぎて…
今のところ、クンニしながら自分でまたは最近教えたフェラで69しながら…で我慢しています。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年4月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】甘い香り【セフレ】

見上げれば空の端は明るくなりつつある。夜勤の仕事を終えたボクは駅へ向かっていた。
ふいに刺すように冷たい風が吹いてボクは思わず首をすくめる。もうすぐ始発電車が走り始める時刻。
疲れた足取りで駅の改札口へ向かっていると、ボクのすぐ脇を若い娘が追い越し通り過ぎていった。
冷たい空気を伝って甘い香りが鼻腔をくすぐる。その香りは繁華街に漂う淫猥な匂いを連想させた。
しかし、色白でほっそりとした娘の面差しは水商売を連想させるようなものではなかった。
理由はわからないが、何故かその娘が出勤でなく朝帰りなのだとボクは直感でわかっていた。
暗いガード下をくぐり抜ければ改札口。娘の後ろ姿を追う形でボクも自動改札へ向かい足を動かす。
ハンドバッグから定期券を取り出すのに手間取った様子の彼女にボクは追いついてしまった。
まだ乗降客は少ない時刻。娘に少し遅れて改札を抜けたボクは、彼女に続いて昇り階段を登り始めた。
のろのろと狭い階段を登る彼女の横を通り過ぎようとした時、ボクの前で娘の躰がバランスを失った。
「きゃ!」
倒れそうになった娘を支えようと思わず手を伸ばしたボクの鼻腔に彼女の甘い香りが押し寄せてきた。
「すみません…あたし、ボンヤリしてて」
「大丈夫?」
「ええ…」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年4月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気】旅館の若女将に子種を求められて応えた 【不倫】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ#12316;子種を、子種を出してぇ#12316;」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で
剛毛とビラビラをめくりあげた。
真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。

(これからの話は二年前の実話である。)
学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。

お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。
泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。

泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。
部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。

細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。
三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年4月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】同じ社宅に住んでいた綾子【セフレ】

これは中学生の時、オレと同じ社宅に住んでいた綾子という同級生との話。
オレと綾子は近所に年の近い子供がいないということもあり、小さい時からよく二人で遊ぶ仲だった。
さすがに中学生くらいになると頻繁に会うということは無くなったが、月に一度くらいはお互いの家で遊んでいた。
ある時、綾子がオレの部屋へ遊びに来たときの話だ。
いつものようにファミコンで対戦ゲームをして遊んでいたオレたち。
少しするとファミコンに飽きてそれぞれが勝手にマンガを読んだりしていた。
すると突然綾子が「たっちゃん、こんなの見てるの~」とオレに話しかけてきた。
見ると本棚の奥に隠してあった雑誌を見ている綾子。
今とは違って、当時は少年サOデーやマガOンなんかにもエロい内容のマンガが結構載っていた。
綾子が持っていたのは、そんなエロシーンが載っていた一冊だった。
綾子が見ていたマンガは“エッチに興味がある男女がだんだんと性について勉強していく”って感じの内容。
当時のオレは、想像もつかない“セックス”よりも身近な“おっぱい”に対する興味のほうが強かった。
毎月数冊買っていたマンガ雑誌の仲でも“女の子の下着姿や乳首が描かれているシーンが載っていたヤツ”は親に見つからないよう隠してあった。
そのマンガは“不感症を気にした女の子が男におっぱいを触らせる”という内容で、オレの中ではかなりのヒット作。
ヒロインの乳首を男が触るシーンで何度もオナったことがあった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年4月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女と夏体験3【セフレ】

まだ外は明るいので湯船のキラキラの中に妖精の様な少女の裸体にますます興奮してしまいました(*^_^*)
礼菜ちゃんは俺の姿を見るなり
「うわ〜!なんでおっちゃんのチンチン上向いてるん?パパのより大きい!」
と、びっくりした様子で実の息子も
「パパのチンチン象みたい!!」
と、普段とは違う様子に少し びっくりしてたみたいだったが
「今日だけパパのチンチン大きいだけ」
と、ごまかしたらあっさり
「へぇ〜」
と、納得してたf^_^;
3人で湯船に浸りながらまるで娘を持った気分になりながらもエロい目で礼菜ちゃんを見る俺・・
露天風呂の縁にある大きなな石によじ登る息子と礼菜ちゃん。
その時、岩にまるで蛙の様にしがみ張り付く礼菜ちゃんの後ろ姿を下から覗き込むと、おしりの穴がはっきりと見え、さらに覗き込むとまだ綺麗な陰茎とクリトリスが見る事が出来た。
思わず手を伸ばし軽くおしりに手を触れてしまいました(*^_^*)
礼菜ちゃんは単なる岩に登るのを手伝い押し上げてくれてるものだと思ったらしく、特に反応は無く無邪気に息子と遊んでいました

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2015年4月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【姉】実の姉に優しくイジメられる生活 【大好き】

上のページにあった体験版がエロくてM男にはぴったりだったので、ここに丸ごとコピペします。

以下。

『実の姉と、後輩の女の子に優しくイジメられる生活』サンプルver.

                              小松 とんねる

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2015年4月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:姉との体験談

【友達】mimi【セフレ】

投稿者:mimi
日 付:2002/4/3 12時20分
内 容:
mimiの変態露出を告白します。
新宿の歩道橋で下半身露出&オナニーをしました。服装は股下5㎝のフレアーのミニスカと白いストレッチレースのTシャツとジャケット。乳首には赤の口紅を塗って・拭いて・塗って・拭いてってTシャツから乳首と乳輪だけが赤く見えるようにして電車に乗って山手線で新宿まで。谷間が見えるまで切ったTシャツに真っ赤な乳首で電車の中でたくさんの人に触られました。駅を出て歩道橋に行く間にジャケットを脱ぎました。昨日は暑かったけ
どまだ薄手のコートを着てる人もいるのに殆ど上半身裸の自分をショウウインドウに写して見てとても興奮しちゃって、歩道橋を昇る時、ヌルヌルにぬれたお股に風があたって気持良かった。後に男性がいたのでわざとゆっくり昇ってヌルヌルお股を見せちゃった!
一人になってから歩道橋の手すりにに寄り掛かりスカートの前をベルトに挟んで足を開いてお股のヌルヌルを乾かそうとしたけど、お股丸出しにしてる快感でよけいに濡れちゃったの。
誰も昇って来ないのを確認してお尻も捲って突き出す格好でオナニー。ヌルヌルをクリに塗りつけて触ったら気持ち良過ぎてすぐイッちゃったんです。もっとゆっくりやりたかったのに。
その後はコーヒーショップで窓際の席に座りジャケットを着てからTシャツとスカートを捲って外に向かってゆっくりオナニー。全面ガラス張りで外から見えるの。信号待ちの車に気付いてもらったときは両手でオマンコを広げて淫乱オマンコを見ていただきました。
電車の中でオナッて見たくて私鉄の電車で座り眠った振りをして膝に乗せたジャケットをずらして少しづつ足を広げながら前に座ったおじさんに見せたら、横に移動してきて始めはお尻を触ってきて、周りを見ながらジャケットの下から徐々に手が前に回ってきて指でスッと下から上に掃くような感じで弄るの。気持ち良くて寝た振りしてるの忘れて「アッ、アン…」て声出しちゃいました。おじさんには見えるようにオナニーしました。見られながらのオナニーってどうしてこんなに気持良いの?
次の駅で降りて駅ビルの男子トイレの個室を開けたままでおじさんにフェラでイってもらいました。

投稿者:mimi
日 付:2002/4/9 12時29分
内 容:

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年4月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ヒロコ【セフレ】

急いでヒロコを追いかけ室内プールへ走る俺。
更衣室のロッカーに一応Tシャツと短パンを入れ、急いでプールに
向かう・・・。するともうヒロコはプールの中に入り、みんなと
ふざけてんの・・・。(うそだろ?)俺がマックスで走ってきたのに、
あの早さは異常だと思った。それにしても人が疎らだった。
殆ど貸切と言っても良い状態だったと記憶している。ジャグジーと
サウナの所に高齢者が数名居るぐらいのもんだったんじゃないかな。
まぁ秋口この施設に来る人の殆どが紅葉を見るのが目的だから
わざわざプール来て体力消耗しようなんていう宿泊者は俺達ぐらいな
もんだったんだろう。
それにしてもヒロコせっかくなんだから可愛い水着でも
着ればいいのに味気ない濃紺のスクール水着を着てんの。
だがそれが逆に萌えポイントだったりするんだから不思議だ。
濃紺無地の水着だけにヒロコの小学生離れした肉体がより一層
強調されているわけ。ちょっとオリンピックに見る体操選手の

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ