Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】悲惨な業界舞台裏 O・Mの笑顔の裏【セフレ】

もはや昔の事だけど。
消費者金融の業界でかつて、O・Mの裏ネームは『駅弁』。CM出演のための肉弾接待では、スレンダーな彼女を業界幹部達は、駅弁ファックを強要。マ○コ駅弁、ア○ル駅弁、駅弁フェラ…挙げ句の果てに駅弁脱糞まで…。
吉岡美穂同様、昔からO・MのCM起用は肉体営業のたまものだなんて陰口をたたかれていたが、本当の事。
タレントが気に入らなければ、すぐに降ろすことだって可能だから、起用してもらいたいタレントは、躍起になって肉体営業をかけてくる。
O・Mの場合は事務所の方針みたいだった。具体的には・・・
O・Mの場合はスポンサー役員の間から「駅弁」と呼ばれていたんだ。
O・Mは結構アクロバティックな体位が上手で、フェラも駅弁の状態でやってくれる。
当然アナルも開発済みで、駅弁で両方の穴を利用できる。
CM撮影の合間の肉体営業は制服姿だからまさに、コスプレ状態だったそうだ。どこかのスポンサーなどは他社のCM撮影現場にまで駆けつけて楽しんだそうだ。
お偉いさんは「彼女の肉体営業は本当にスゴイ。接待してもらおうと、全然関係ない現場に来るスケベオヤジたちを軽くあしらっています。控え室に2人で入って出てきたと思ったら衣装の水着に白い白濁の液体の跡があったことは有名な話」と言ってたよ。
華奢な身体に鞭打って肉体営業を続けるO・M、あの人懐っこい笑顔の裏には、
まさに身体をはった努力があったんだよ。
なんでこんな事を知っているかはえらいお偉いさんにまわしてもらったから。
さすがに飽きがきたみたい。実際に今はたいした人気がないだろ。
いろんな男に抱かれているからプレミアなんてないしね。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年8月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【M男】家庭教師の教え子に調教された 【痴女】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>
私が大学生の時です。
女子中学生の家庭教師をしていました。
今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。
週に3回ほど行きました。
最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが
そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。
何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。
パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。
思わず、そこに口をつけてしまいました。
それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。
<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>
5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。
その年の夏は猛暑だった。
タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【友達】Y子【セフレ】

私の名前は仮にY子としておいて下さい。
今年、32歳になるオバサンです。(若い方ばかりでお恥ずかしいです)
私には一人の娘がおります。仮に名前をS子としておきます。
S子は今年11歳になったばかりの可愛らしい娘なのですが、しかし
S子の父親は誰かわかりません。
私が20歳の頃、レイプされ監禁され、短期間の間に複数の男性の精液を注がれました。
その結果、私はS子を身篭り、一時は堕ろす事も考えましたが、産まれてくる
子に罪はありません。
私はS子を産み、今まで一生懸命育ててまいりました。
学校では、母子家庭との事で苛めにあう事もあったそうですで、それだけが
可哀想でなりません。
すいません、こんな話どうでも良かったですね、懺悔の本題に入ります。
私共は親子そろって露出マゾなのです。
レイプされた原因も、私が露出していて襲われたのです。
昨年までは、S子の目を盗み露出オナニーに拭けっておりました、しかし

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】親友or悪友【セフレ】

先月、親友のなつみと温泉に行きました。旅館に着くとすぐになつみが
「由恵、温泉に入ろうよ」
と言うので私達は温泉に行きました。脱衣所でなつみは堂々と服を脱いでい
きます。なつみはスッポンポンになると
「由恵、早く」
と振り向きました。
「アッ」
と思わず声を私は出していました。
「彼氏に剃られちゃった」
そうです。なつみのアソコはツルツルだったんです。一方の私は面積は狭い
けど生えている。
湯船に浸かりながら、剃られた経緯を聞きました。なつみは同姓の私から見
ても可愛い子で、いつも数人の男がいた。けど、しっかりした子でまわりに
振り回されることなく決まった彼氏がいた。なつみから告白して付き合った
彼氏でなんでも彼の言い成りだそうです。浮気防止のため、剃られたと言っ

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年2月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】999【セフレ】

豪奢な椅子に腰かけ、膝に置いた愛用の銃を拭きあげる。
銃器の手入れは、伯爵が自らの手で行う数少ない作業のひとつだった。
長身の銃はやや旧い形式。獲物を捉えたときの手応えが気に入っている。だが今日の狩りで役に立ったのは、普段はほとんど使われることのなかった別の機能。その働きを褒めるように、磨きこまれた銃床を指先で撫でて。
そして、伯爵はゆっくりと視線を上げた。
目の前に今日の獲物が吊られている。両手を上に広げ、かろうじて爪先がつく態勢で。
いまも窓の外に降り続ける雪のような白い肌をさらして。
「……素晴らしい」
陶然と伯爵は呟く。巨大なモノ・アイに、不吉な輝きを浮かべて。
それはじっくりと眺め上げ眺め下ろした獲物の肢体に対する賛辞であり、同時にこの状況にいたる経緯に向けた言葉でもあった。
吊られた獲物、白く艶美な裸身をさらした女の長い睫毛がかすかに揺れる。伯爵へと向けられるかと見えた視線は、すぐにまた下へと戻った。盛り上がった胸乳があえかに息づく。
そう、女は生きている。それは、狩りの成果としてこの部屋へ運びこまれる獲物としては、まったく異例なことであった。
「ふふ…」
そして、その異なる状況の中、伯爵は上機嫌を隠そうとしない。
よくぞ、あの瞬間、咄嗟にパラライザーへと切り替えたものだと自賛する。よくぞ、そんな機能が愛銃に備わっていることを思い出した、というべきか。今まで使ったこともなかったのに。なにより疾駆する馬上から、雪夜の中を逃げ惑う獲物の類まれなる輝きを見極めた、我が慧眼こそ誇るべし。
ゆっくりと伯爵は立ち上がる。銃を置き、替わりに脇机の上にあった鞭を手にとって。日頃、下僕どもに使っているのとは違う、とっておきの皮鞭─本当に、この獲物は果報者だ─の、心地よい撓りを確かめながら、一歩踏み出して。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年1月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】こんな女子高生他にいないはず。おくさまは女子高生だったあたし【NTR】

現在25歳の子持ちの人妻です。これは今の旦那さま(あたしは再婚なので二人目の旦那さまになります)の監修の元に書き込んでいます。
今の旦那さまと呼ぶ理由は、あたしは前の旦那から彼に寝取られ前旦那と離婚し、再婚したからです。
書き込んでる理由は特にないですが、一種の思いで作りと言うか遊びみたいなものです。
寝取られた当時の事ですが、今から8年ほど前の事です。あたしは当時17歳の女子高生でした。そして在学しながら結婚していた、漫画やAVでありそうなリアル『おくさまは女子高生』をしていました。
結婚した理由や周りの対応などは、長くなりそうなので省きますが、旦那さま(前旦那をこれ以降旦那、現旦那を夫もしくは当時の呼び名のイニシャルで記入します。ちなみに今も前も結婚相手は旦那さまと呼んでます)は当時あたしより23歳年上の40歳であたしが中学生の時に通ってた塾の講師をしていました。(別に親父趣味はありませんが、色々あって恋愛し16歳で結婚しました)
結婚して、一年が過ぎ大分人妻生活に馴染んで来た当時のあたしは一つだけ旦那さまに不満がありました。それはsexです。女子高生が何を言うかと思われるかも知れませんが、あたしは結婚前から性欲が強くオナニーばかりしている中学生でした。旦那さまに女にされてから余計性欲が強くなりましたが、旦那さまは歳のせいか元からかは解りませんがsexにあまり強くなく回数も減る一方で、中折れなどもしょっちゅうありました。新婚一年目であたしは中学生時代と同じオナニー中毒な日々になると、次第に他の男のおちんちんはどんなだろうと思い、学校のイケメンやあたしに告白してきたことのある同級生に抱かれたりする想像しながらオナニーすることが増えました。だけど想像だけでは限界があり本物が見い!とムラムラする毎日。だからと言って浮気する気なんてなく、悶々としていた時に今は多分閉鎖されたチャットや無料で出会い投稿などが出来るサイトで遊び始めました。最初はチャットで満足していたのですが、その内もっともっとと思い投稿メニュー書き込むと、あたしが女子高生でしかも人妻と知ると皆凄い興奮し、食い付きが凄かったのを覚えています。そしてその内の何人かとメールし始めました。勿論、あたしは浮気する気なんて全然なく、より満足できるオナニーとして利用していました。あたしの裸の画像などを送るとメール相手から送られてくる、犯したい!とか調教したい!とかの言葉と共に添付されるいろんなおちんちんに大興奮していました。そんな日々から更に人数を絞り、メールエッチしたりTELエッチしたりする日が続きました。(もしかすると、人妻女子高生なんかそうそういないので、これを読む人の中に記憶にある人がいるかも知れませんし、同じ学校だった人は気付くかもですが)
メールやTELの内容も日がたつに連れて過激になり、公園での露出画像を送ったり旦那さまの近くで「旦那さまよりぶっといちんぽでおまんこ犯してください!」など淫語言いながらTEL調教されたりして、いくら性欲が強いと言っても危険な方向に進み始めている女子高生になっていました。
ただそれでも誰とも会うことはなく単なる1人エッチのオカズとして利用していたのですが、それが狂い始めたのが1人のメール相手(今の夫)A君とのやり取りからでした。
相手は同じ高校生でしかも同じ市内とあって、地元ネタや恋バナなどで話が弾み仲良くなりました。また、それだけではなく人の事言えませんが、童貞の高校生の癖に信じられないくらいの変態と言うかマニアックでした。お兄さんが持っていた漫画やAVに影響受けたみたいで「あへぇぇ!」とか「おほぉう!」とか言いにくい感じ方をTELsexで強要されたり、うんこシーンをメールで添付させられたりしましたが、顔バレすることもないし、あたしも更なる欲求が高まってたので命令されるがまま変態なやりとりを続け、彼にはまりメインの相手となっていきました。さすがに同じ市内の相手なので、ばれたくないので顔や制服は見せませんでした。
たまにTELsexの時にA君の好きな人に成りきってしたりもしましたが(下の名前だけ教えてもらいました)あたしと同じ名前でしたが、偶然と考えて深くとらえませんでした。それが変わったのはある約束からでした。
放課後の教室でオナニーしている写メか動画を送れと言う命令。学校バレが嫌だったので断っていたのですが、制服くらいじゃ誰かとまでは解らないからと押しきられて承諾。その日は1日ノーパンで授業を受けろとも指令されました。当時の制服のスカートはかなり短く、油断したら見えるかも!と思うだけでおまんこがグチョグチョになる末期な女子高生のあたし。興奮し、でも放課後までオナニー出来ないあたしの頭はオナニーしたい!で一色でした。
そして放課後になってしばらくして教室へ行きました。最初電話で言われたときは抵抗あったのに、オナニーしたくて限界だったあたしは周りをあまり確認せずに、自分の机に座るとためらいなくオナニーをして、その姿をA君に送りました。するとそれと同時に現れる1人の男子生徒。
ここまで来れば読んでる人は解ると思います。現れた男子生徒がA君でした。A君の好きな女子生徒はあたしで、(あたしは以前A君に告白され旦那さまがいたから断りました)あたしを諦めきれず再度告白しようと後を着けていたらしく、その時階段で下たから見たあたしがノーパンと気付いて驚き、後をつけるとオナニーにふけるあたしとそして送られてくるメールで全てを悟った彼は、好きな女とメールの調教相手が同じ事に狂喜したみたいでした。
一方あたしは見られたときや、A君が同級生と知ったときパニック状態でした。
あり得ない偶然でしたが、A君はさっそくあたしを犯そうし、あたしは抵抗しようとしました。でも弱みを握られたあたしは、どうしようもなくA君の言いなりになるしかありませんでした。元々メールなどであたしのマゾ性などを知っていたし、調教されていたあたしを今なら簡単にモノに出来ると踏んだ彼に押し倒さて、オナニー途中でおまんこを丸出しで、しかもグチョグチョに濡れていたため前戯もなく簡単におちんちんを入れられました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【修羅場】少年実話 6【絶望】

今回は俺が初めての風俗の女性と関りを持った時の話。

当時、俺が18歳で彼女が28歳でした。
俺が集金に行く先のお店に彼女はいました。憧れの女性でした。
俺の顔を見る度に「僕、メシ食っていきなぁ。」と3kをくれました。
ある時、彼女が「今日はイイ客が付いたから」と50kくれました。
何に使うかあれこれ一晩中考えた結果、彼女のいる店に行きました。
お客として来た事を伝えると店長は笑いながら待合室に通してくれました。
アルバムを見せてくれましたが、俺は姉さんがイイと言うと、
店長は「彼女は予約で一杯なんだよ。」と申し訳なさそうに言いました。
システムを理解していなかったので、行けば会えると勘違いしてました。(藁
諦めて帰りかけた時、2階の部屋から彼女が降りて来ました。
彼女は店長から事情を聞き微笑みながら俺に近づいてきて、
「君、律儀だな。今日、1時半に終わるから店まで迎えに来いよ。」と
命令口調で言われました。待ち遠しくて、言われた時間より30分も早く

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2014年3月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【ゲイ】K【ホモ】

今から20年前にもなるが、小学校6年生で11才だった時のこと。
井の頭公園に友達と遊びに行ったんだけど、池のほとりで青大将を見つけ、とっつかまえて尻尾つかんで振りまわしたり、子供らしい虐待してたら「こらぁ〜っ」とオッサンが叫んで走ってきた。 間の悪いオレだけはオッサンに捕まってしまった。
管理人だと言う。
生き物を虐めたらいけないんだと怒られて、親を呼んで説教だとか言われ管理事務所に来なさいと連れていかれた。
もう万引きして捕まったのと同じ気分で半べそで連れていかれた。
井の頭公園と言う所は、園の外はすぐに宅地で実は園の外に連れ出されて、そのオッサンのアパートの一室に連れていかれたのだった。
悪いことして捕まった気持ちがいっぱいで、気付くのが遅かった。
管理人?管理事務所?・・・?
オッサンは暑いなぁ〜と言いながら、コーラをもって来てくれた。
そこからだった。
「おっと」と言ってコーラを浴びせられてしまった。
オッサンはゴメン・ゴメンとか言いながら、拭いてくれたけど、Tシャツやズボンはコーラまみれ。
すぐ乾くから洗ってあげると言われてパンツ一丁にされてしまった。
まだ気付いていなかったけどオッサンの狙い通りだったみたい。
オレは誘拐された!と思った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:ゲイ・ホモの体験談

【王様ゲーム】A’ゲイ’B48【乱交】

抜く井「だから言ってるだろ!俺様は悪だから約束なんて関係ないって今、俺様のエキス注入して遣るから運が良ければ孕むかも知れないぜ!」ズッコン!バッコン

松井「い…いやぁ…それだけはいやぁ!」

抜く井「ううっ…出る…出る…いっぱい出るぅっ…」

どぴゅっ!どぴゅっ!どぴゅっ

松井「い…いやぁぁぁぁぁぁ!出てる…出る…あ…熱いのがや…いやぁ…」

抜く井「ふう〜出した!出した!でもっ孕ますにはまだまだ不足だな?今度は何にするかな?」

抜く井は松井の中で性を解き放つち、頭部とミニーマウスの着ぐるみを剥がすと口元にフェラで出した、精子がカピカピに張り付き蜜壷からは薄赤い精子が流れ落ちる全裸の松井が、松井は疲労困憊で動く事が出来ない。

お菓子の家では

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【レズ】私とみゆきちゃん その7【ビアン】

私とみゆきちゃん その7






私はみゆきちゃんの放尿を顔面騎乗位で飲み干して、みゆきちゃんには浣腸されて、みゆきちゃんが指で肛門かき回している最中に盛大に脱糞した。
浣腸の時お尻ペンペンされたけど、スパンキングって言うらしい。
とっても気持ちがいい。
みゆきちゃんが『ルミ、綺麗にしたらバイブだよ』って言うから『みゆきちゃん肛門責めるの好きなの?』『あとお尻とか叩くの好きなの?の』って聞いてみた。
アソコも敏感なところも充分に責めてくれて凄い快感だったから、せがむ気持ちもあったと思う。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:レズの体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ