Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】小2のあなる【セフレ】

今から10年ほど前の話やけど、俺は近所のゲーセンに行って一人でよくメダルゲームをしてた、その日も日曜やし朝から一人でゲームしてたら小額2〜3年生くらいの女の子が、床に落ちてるメダルを拾ってゲームしてた、俺の足元ら辺に落ちてるメダルを拾いにきた時にその子に「メダルないんか?」 って聞いたら「うん、お金ないねん」
って言った、「一人で来てる?」って聞いたら「うん」 って答えた。
俺はこれはチャンスかもっ!と思った、俺は結構メダル持ってたから「お兄ちゃんのメダル分けたろか?」 って言ったら「ほんまに〜いいの?」 って喜んだ、
「その代わりお兄ちゃんのお願い聞いてくれるかな〜?聞いてくれたら分けたるけど」
って聞いてみたら「うん、ええよ〜」 って言った。
「ここやったら無理やからちょっとついて来てくれる?」 「うんわかった」
とその子を外に連れ出して、ゲーセンのあるビルの2階の踊り場につれて来た、2階はテナントが入って無いから人が来くることは無いの知ってた、踊り場に行く途中に名前と歳聞いたら7歳で小2やった、名前は舞(仮名)
踊り場のとこで、「お願い事言うけど恥ずかしいから絶対内緒やでっ」て言うたら舞ちゃんはコクッって頷いた。
「舞ちゃんのお尻にカンチョーさしてほしいねん、お兄ちゃんがもうええよって言うまでカンチョーさしてくれたらメダル一杯あげるで」 って聞いたら「ええ〜嫌や〜なんでカンチョーなん?」 って笑いながら言ったからこれはイケるって思い財布から1000円出して「さしてくれたら1000円もあげるで〜」 って言うたら「う〜ん、、、」 って悩みだしたから「とりあえず後ろ向いてみ」 って言って舞ちゃんを後ろに向けてツンツンって軽くカンチョーして「なっ、こんな位やから大丈夫やろ?ほなちょっとやってみよっか、こんなんでメダルも1000円ももらえるんやから舞ちゃんラッキーやで」 と言ったら「う〜ん、ええけどあんま痛くしたらアカンで」
とOKが出た。
「ありがとうすぐ終わるからな、ほなちょっと4つんばいになって」 っ言って舞いちやんを踊り場に四つんばいにさして服の上からお尻の穴を指で何回か押したりぐりぐりってやった、「どう?全然痛くないないやろ?ちょっとスカートあげるで、、、」
舞ちゃんのワンピースのスカートを捲り上げて今度はパンツの上からお尻の穴を指で押したりした、特に舞いちゃんが嫌がる感じがなかったからそのままパンツをずりおろしたら「なんでパンツ脱がすん?」 ってちょっと不安そうになったから
「パンツにウンチ付いたらあかんやろ、ちょっとじっとしててや」 って言い人差し指をなめて舞ちゃんのお尻の穴に入れてみた「なにしてんの〜」 ってこっち見て言うから「すぐ終わるからちょっとそのままカンチョーさしてな〜力入れたらアカンで〜」
って言いながらゆっくり指を挿入した、入り口らへんはちょっときつかって嫌がったけど何回も唾つけてやったら第二関節まで入った、入り口越えたら舞ちゃんもあんま痛くなさそうやった、「どんな感じ?あんまし痛くないやろ?」 って聞いたら「うん、、、なんか気持ち悪い感じ」 って言うた、俺はその指にゆっくり力を入れて「もっとお尻の奥まで入れたら気持ちよくなるからな〜力入れたらアカンで、、、」
って言って指を根元まで入れようと思いそのままゆっくり挿入した、小2の女の子のア○ルに俺の人差し指が根元まで入った、なんかグッと暖かい物で締め付けられてて舞ちゃんの脈がア○ルからわかった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2015年8月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】専門学校生と【セフレ】

札幌に住む25歳、社会人です。とある掲示板で出会った女の子との体験を書きたいと思います。
 彼女は21歳の専門学校生とのこと。彼氏もいるんだけれど、付き合いが長いからか最近ちょっとマンネリ気味なんだそうで。
 彼氏とはできないようなことしようよ、ってダメもとでメールしたら返事がきててビックリ!
 1ヶ月くらいメールでのやり取りがあって、いろいろと話をしているうちに向こうから「会いたい」っていってくれるようになりました。
 おれにも彼女がいる(遠距離だけど)っていうのが安心だったみたい。
 たくさん雪が降った日、駅で待ち合わせをして会いました。写メでお互いに顔は確認済みだったのでそんなに緊張はしなかったけど、会ってみてスタイルがいいのに感動!(後で聞いたらDカップだそうです)
 軽く食事でもして、ってことでまずはファミレスへ。
 話してて、床に車のカギを落としちゃったから拾おうとして、見てみるとスカートの中に何もはいてないんだよね。小さな声で「ノーパンで来たの?」って言ったら「見ないで。もうおツユがたれてきちゃってる」って。
 おれ、外見は普通だし女性経験も10人くらいだから、会っても帰るって言われちゃうかなぁ、ってちょっと不安だったんだけど、一気に興奮してすぐ店を出てホテルへ。
 部屋に入ったとたん彼女のほうから抱きついてきたよ。
 舌を絡めて濃厚なキス。耳を噛みながら、おれのをおなかに押し付けてやるともう崩れそうになってる。
 シャワーも浴びないですぐにベッドへ。
 スカートを下ろしたらもう太ももまでたれててびっくり。聞いたら会う前から濡れてきてて、駅のトイレで拭いたっていってた。
 でもまだオマンコは触らない。あせっても気持ちよくないしね。
 乳首の周りをなぞるように舌でツツツーってやると、もうそれだけで体がビクンってなってる。太ももも指が触れるか触れないかっていう加減で撫でる。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年7月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】私の夫【セフレ】

 私達夫婦は結婚5年目、1歳の娘がいます。 わたしは29歳、夫は35歳。何事もなく幸せな夫婦生活です。
 わたしの夫はセックスの時にわたしに色々と要求してきます。 手足を縛ったり、目隠し、いろんなコスプレ等々です。
 いろんなアダルトグッズもたくさん持っていて、ピンクローター、バイブ、電気マッサージ、口にくわえるギャグボールとか言うのもあります。 遠隔操作のロ−ターもあり、家事をしてるときなどにパンツの中に入れられたりします。
 わたしもエッチなほうですから言われるとおりに夫の要求に応えています。
  
 夫はわたしにいろんなエッチなことを言わせます。 大きいとか気持ちいいとかです。わたしも確かに気持ちい時には自然にこうゆう言葉は出るのですが、こう言えああ言えと言われたんでは落ち着きません。
 この前なんか、セックス中にオレ以外の名前を言えと言われました。わたしがどう言えばいいのと聞くと、「〇〇〇・・きもちいいよ・・もっとして・・」 〇〇〇は夫と違う名前です。 と言わせるのです。
 最初はいやいや言っていましたわたしも、だんだんと他の男とセックスしている感じにになり凄く興奮してきました。
 わたしは行く寸前に、前付き合っていた彼氏の名前を言いながら、突いてもっと突いてと言ってしまいました。幸い夫は気がつきませんでしたが。
  
 
 

 

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2015年7月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】誰も言えない…(続き)3【セフレ】

私の唇から父の精子が溢れてました。私はどうしたら良いのかわからないので、おちんちんをくわえながら父の顔を見ました。
父は気持ち良かったみたいで私の頭を撫でてました。父「うっ…」
まだ私の口内でピクピクしてました。
父「ごめんな…精子が出てしまえば悪い事はしない」
と少し反省してる様子でした。
父「口の中の精子は飲んじゃえ」と指示された私は嫌だと首を振ったのですが、精子を飲まされました。ベトベトして臭いし、少し苦味がありましたが飲めました♪始めての(ごっくん)が父の精子だとは…母には言えません。
その日から父は私に対して優しくしてくれるのですが、ムラムラすると私が呼び出されます。
自宅のトイレ、お風呂場、コタツの中、布団の中、車の中などで父のおちんちんをしゃぶらされてます。
私は早く父から解放されたいので、凄い勢いで父のおちんちんをしゃぶり発射させてバイバイしてます。最近は私に目隠しさせて父のおちんちんをしゃぶらされてますが…?おちんちんの大きさ、本数、精子を出す回数が多いのでは?と思う事があります。
目隠しの隙間から見えた物は父のキモイ松茸じゃなく父の友達のおちんちんでした(汗)私はびっくりしました。
父はこっそり友人を招いて私が目隠しをしてる間に父と入れ替ってました。
私のおしゃぶり姿や淫らな姿を父はビデオカメラで撮影してました。中には包茎おちんちんの友人が混じっていて、包茎の皮を指で拡げたり、皮を剥くなどして私に舐めさせてたり、私に舌を出して舐めるように指示して包茎おちんちんの先端の皮を拡げて私の舌を突っ込ませ、レロレロさせてました。勿論発射される精子は私の口に出され他人の精子を沢山飲まされていた事になります。父はビデオに録画して自分で楽しんでいたみたい。本当に最低です。私は父の玩具、性欲処理の道具にしかないのかも…撮影されたビデオを見せられた事ありまが…私の周りで数人がおちんぽ出してました。まぬけな私は大きく開けた口に精子を発射されてました。父が私に精子をもっと飲ませて下さい。私の口を精子で汚して下さいと私に言わせてた理由がわかりました。私はテレビの画面内で精子だらけの口内をパクパク披露宴して泡だらけの精子をごっくん、ごっくん飲んでました…。私が便器にアゴを乗せて口を開けてる場面もありましたが、おちんぽを口に含んだまま放尿され口から噴水の様に尿が飛び出してました。本当に最低な父との体験です。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2015年7月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】セフレに頼まれて中出し放置プレイ【セフレ】

金曜の夜に、女友だち、いわゆるセフレから頼まれていたことを実行しました。

頼まれていたのは、「いやというほど中出しされたい」というものです。

これまで何度か、そういう話があり、密かに計画をたてていました。
そのままの勢いで私の趣味?というか一度やってみたかった野外での中出しセックスも敢行しました。

金曜の晩(昨日ですね)彼女に外に出て食事をしようと提案しました。

但し、下着はつけずに、という条件で。ついでに服が汚れるかもしれないから捨てても良いものにと更に指定を付けます。
これで何かを察したようで、嬉しそうに「いいよ」と返事をしてくれました。

待ち合わせ場所に現れた彼女は

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年7月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】悪戯が・・【セフレ】

数年前、家に友人があそびに来た時のことです。
私は23彼女の美由は20です。美由とは同棲をしてました。
友人が来るまで時間があるし、どうしても、エッチがしたくなり、美由に腕を縛り目隠しをして、フェラをしてもらいました。
いつも美由とは、こんな感じなので美由も普通にしてくれました。私は黙って、静かな中「チュ・チュパ・チュパ」とイヤらしい音だけが、部屋に響きわたりました。私は、ミニスカートのしたから手を入れ、パンティー越しに触ると、少し、湿ってました。「ひろ、感じちゃう」「もう濡れてきたね」「あん!言わないで」そして、パンティーの隙間から指を入れると、もうビショビショでした。「パンティー脱がすよ」「う・うん」美由は腰を浮かした。私はパンティーを脱がし、指を入れ前後に動かした。「あん・・いや・・」「俺は今から喋らないから、誰かにヤられてると想像して」
「あん・・あ・あん」美由は異常なくらい濡れていた。
「あ・あー、逝きそう」
その時、突然の腹痛に「少しトイレに行って来るから、帰って来るまでこのままでいてね」
「いや、三浦くんきちゃう」
私は、そのままトイレに入った。

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2015年6月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】清楚で美しい嫁が、母親の借金のせいで身も心もヤクザに堕ちていく 【NTR】

妻のミクが、清楚な白のブラウスを着て、目隠しをされた状態でベッドの中央に女の子座りをしている。
熱を感じるくらいに明るい照明で全身を照らされているミクは、目隠しからはみ出ている部分が白飛び寸前なくらいになっていて、いつもよりも美肌に見える。

そして、そのベッドを囲むように、ブリーフ一枚だけの男達が1ダースほど、ミクを見つめながら自分のブリーフの中に手を突っ込んでまさぐっている。

そして、業務用のデカいカメラを抱えた男が、ミクを真正面から撮している。カメラを持った男が、
「どう? ドキドキする?」
と、少しからかうようなニュアンスを含みながら聞く。

するとミクは、口の端を少しあげて微笑むと、
『はい。楽しみです#9825;』
と答えた……。ほんの些細なきっかけだったのに、どうしてこんな事になったのだろう? 私は椅子に縛り付けられ、猿ぐつわをされた状態であの時のことを思いだしていた。

#8212;#8212;ミクは、エプロンを着けキッチンで朝食を作っていた。ニコニコとしながら、楽しそうに朝食を作るミクを見て、私は今日も一日頑張ろうと思っていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年6月18日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 4 【NTR】

前回↓

翌日、旅館の食堂で朝食を食べ終わった一行は、帰りのバスが待っている駐車場に集合していた。

「昨日は悪かったな菜穂、色々と面倒を掛けちゃったみたいで。俺、全く記憶がないんだ。」

「ううん……。それより智明体調は大丈夫なの?このままバスに乗っても。」

「あぁ、心配ない、もう大分酒は抜けてるし。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年6月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】私の日記【セフレ】

3月27日。親友の和恵から電話。31日に会えないかしら?え?予定あるのに!
3月31日。一人息子がクラブに出掛ける朝。友達と会うから、今日は少し遅くなるからと告げる。友達を連れて来るし、いいよと。いつもの友達。洗濯した下着は、自分の部屋に移した。やっぱり、何かと心配になるし・・・。
シャワーを浴びて、入念にお化粧。親友との待ち合わせは、11時の駅前。
いつもの喫茶店には、和恵が来ていた。奥の席。少し太った感じがするけど気のせい?
和恵にも一人息子さんがいて、地方で就職した。3年前に離婚してから、最近同棲している彼との事らしい。「妊娠したのよ」と告げられた。やはり、そうか。彼の子?もちろん、そうだった。その彼は、23歳のディーラー勤務の彼。一度だけ出会ったことがある。この秋、彼と再婚するらしい。でも、おめでとうと言った。和恵は、喜んでいた。3か月目に入ったらしい。お腹がふっくらとしている感じかな。長男にも告白して、喜んでくれたらしい。よかったね。
軽く昼食も取り、紅茶を飲む。着信音が鳴り、メールが入る。彼からのはず。思わず、落ちかなくなる。時間が気になる。「何だか、そわそわしてるわね」と言われ、見透かされている。「男?」「そんなんじゃないわよ」否定してみる。和恵の頬に笑みが出ている。
駅に入り、電車に乗る。ふた駅向こう。駅前のデパートのお手洗いに入る。もうすでに5分の遅刻。鏡の前でお化粧を直し、ルージュを引き直す。メールを確認する。「B14」だけ。それでも二人だけに通じる文字。エレベーターで地下の駐車場に降りる。空間に響くブーツの音。やっぱり、早足になっている、自然に。B14 ・・・あった。彼の車が、向こう向きに止まっていた。ガラスをノックして、後ろの座席に入る。
隣りに、彼が座っていた。「ごめんね、遅れっちゃった」彼は笑って首を振る。10分の遅刻。
「会いたかったわ」彼に向かって本心が出てしまう。「俺も」彼は私を抱き寄せてくれる。フィルムのガラスで中は見えない。彼の唇が重なる。受け止める私。
妻でもなく、母親でもなく、一人の女としての瞬間。彼の舌を受け入れる。幸せを感じる。「強く抱いて・・・」彼は、ぐっと私を抱きしめてくれた。私の髪を優しく撫でてくれ、「伸びたね」
「会いたかった・・・」「俺も」また、熱く長いキス。ルージュが取れてしまう。
先週は、私の都合で会えなかった。先々週は、熱い時間を彼からもらった。その名残を、彼が確認する。右側の耳の下の首筋。赤いキスマークがずっと残っていた。息子に気づかれない様に、ずっとタートルのセーターで隠し通した。今朝は、ほとんど残っていない。彼は私の髪をかき分け、キスマークを探す。また、同じ所にキスして来る。
「もう、そんな所だめよ」でも、彼は聞かない。同じ様に、赤いマークが出来た。
春先でも、しばらくタートルネックが続きそうだ。
スカートの裾からのぞく素足の白い腿と膝。彼の指先がなぞる。そっとその手に指を重ねる。耳元に、彼が囁く。「何色?」「ん・・・もう。知りません」彼を軽く睨む。大好きな彼。美容師の卵。4月14日には、21歳になる。プレゼントは考えてある。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年6月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【M男】家庭教師の教え子に調教された 【痴女】

<>75名無し調教中。2014/07/27(日)03:10:22.62ID:WQXQ6Q+u<>
私が大学生の時です。
女子中学生の家庭教師をしていました。
今の中学生と違って、そのころの中学生は、本当に素直で純真な感じでした。
週に3回ほど行きました。
最初は部屋もきれいに片付けられていたのですが
そのうち部屋に入ったときにベッドの上に可愛い下着が脱ぎすてられているようなこともありました。
何かの用事で階下に下りていったときに、ついその下着を手にとりました。
パンツのちょうどそのところは薄く色がついていました。
思わず、そこに口をつけてしまいました。
それだけで、若い男の体は、ギンギンに固くなっていました。
<>76名無し調教中。2014/07/27(日)03:12:06.88ID:WQXQ6Q+u<>
5月から家庭教師をはじめて、やがて8月の夏休みとなるころにはずいぶんと親しくなっていた。
その年の夏は猛暑だった。
タンクトップやランイングシャツが流行っていたので、その子もそんな姿で勉強をしていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年6月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

このページの先頭へ