Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】横浜のバーで出会った女【セフレ】

爪の手入れを仕事にしてる女と横浜のバーで出会った。恵比寿かそこらで働いてるらしい。
キレイに着飾って、ピタピタの服を着てパッと見は長谷川リエ風のいい女だ。少し話したら好みな感じじゃなかったので、どうでもいい女だったが、胸がすごいデカクてIカップだったので電話番号とアドレスは聞いておいた。しょっちゅうってわけでもないが、メールがたまにくるとちゃんと返事をしたりしてまあ普通のメル友みたいな感じだった。でも昨夜ひさびさに来たメールをみて興奮した。同じビルで働いてる変なオヤジに5万でやらせたっていう。24歳の超巨乳のナイスバディ女。顔だってかわいい。しかも一発の射精が5万でその変なオヤジは一回のSEXで3回射精したらしい。なぜか気持ちが乾いていたらしく、酒を飲まされ、そのオヤジの言いなりに口説かれたらしい。あとで判ったことだが物欲を押さえきれなかったってことだ。
オヤジも同じビルで働いているんだからやり逃げはできない。ばかエロオヤジも金にものをいわせて、やりたい女見つけては金でやってるらしい。その爪手入れ女は15万もの金を手に入れて悪魔に魂を売っちゃったと落ち込んだメールを入れてきた。夜中の1時だった。オレは寝酒の焼酎を少し飲んでて、ソファでうたた寝してたが、目が覚め、めちゃくちゃ興奮した。好みじゃないが外見は最高の女だったし、やるには申し分無い女だったから。クルマで20分ほど走るとその女のアパートに着いた。まえに会ったとき送ってやったから覚えてたんだ。さっそくベルを鳴らす。メールも電話もしないで行ったからびっくりしていたが、一人暮しのその女はオレを部屋に招き入れた。白い部屋。洋服、化粧品、靴、鞄だらけの若い女の部屋。ガラステーブルの上にはジンの空き瓶。コンビニおつまみが散乱してた。「ひとりで部屋飲み?荒れてるの?」オレが聞いたら「荒れてるわよ。あたし悪魔に魂、売り渡しちゃったから」酔ってふらふらで答えた。
「なんでそんなことしたの?」って聞いたら「援助交際なんてしたことなかったけど、どうしても欲しいものがあったから」っときた。部屋の角にはOJJIやCOSMOPOLITANなんかの大人めのファッション雑誌が山積み。おんなって馬鹿だなって思った。部屋での女の服装は黒いシルク風のワンピース。なんとノーパン、ノーブラ。オレはもうそれ以上平静を装えず、オスの本能に従いそのワンピースを脱がしにかかった。「いやだよ。いやいや。」「お願い、お願い、お願いだからやめて」抵抗はかなり強かった。棚の上には彼氏の写真らしきものが額に入って何枚も置いてあったから、この女は他人のものって認識できてた。他人の女を犯す。しかもオヤジに3発もやられたその日にだ。外見最高の超巨乳女。オレはあんまり巨乳に興味ないが、体型のバランスがいい女は別。こいつがエロ本に出てたらやたら売れるだろうなってくらいいい女。Iカップなんて揉んだことなかったからめちゃくちゃ興奮した。
揉みながらテマンしてたらぬるぬる過ぎて手がべちゃべちゃになった。オヤジと生でやって中出しでもされてたら調子悪いと思って聞いたらコンドーム一個で抜かずの3発だったそうだ。すっかりあきらめモードですこし「あんあん、アンアン!」ってなってきたから持参したクリ専用小刻みバイブでクリ刺激開始!持参リストは・クリ専用小刻みバイブ(うさぎの耳が小刻みに震える)・発光式ノーマルバイブ・ドクター中松のラブジェット(マジすごい)・縄製手錠・ガラナエキス入りローション・デジタルビデオカメラもうそれだけでケダモノ状態。ラブジェットをクリにかけてやったら白目剥いて仰け反った。ローションを発光式バイブにつけぐちょ塗れのオマンコにそうっと挿入。片手はクリバイブ、もう一方の手は発光式バイブ。この発光式バイブは青いボディが赤く光り、回りのビラビラが光って透けて見えて演出的に美しくて好きな道具。女は狂ったようにでかい声で「ア”〜〜」って唸ってる。1分おきくらにシーツを掴んでエビみたいに仰け反る。もうイキ捲り。
クリバイブを止めてベットの枕元の支柱に縄手錠で両手を縛り、マンコ入れバイブをビデオ撮影開始。3CCDのプロ使用。最高の画が撮れた。気絶したらつまらないからバイブは強弱をつけて女をイカす。もう完全にメスになっててなんと自分からオレのものにシャブリついてきた。冷静じゃないからもう強烈バキュームフェラ。いい女が自らシャブリついてくる快感。最高の征服感があった。終始撮影。Iカップ揉みながら、延々30分くらい。外見がいい女に仁王立ちで膝まずいてさせるフェラは最高。もう眼はトロトロになってる。開始から1時間くらいしてやっと挿入。ギンギンに勃起したオレの息子は今までにないくらい勃起していた。他人の女。金で身体を売って後悔してる女。外見は最高の女に正常位でその細くて長いすべすべの足を大開脚させて、思いっきり奥まで突き捲る快感。オスの本能。そして受け入れてしまうメスの本能。動物なんだなって少し冷静に考えたりした。相変わらず女は1分に一回くらいのペースで仰け反る
ギンギンに勃起してる状態での絶頂感は堪らない。女の子宮に亀頭を擦り付けながら生で中に射精した。ドックンドックンドックンっていつもの3倍以上の量を出し、射精感も長く続いた。中に出したことも判らないくらい女はイキ捲ってた。オレも大量に出したのに相手がいい女だと勃起したままで、抜かないで2発目に突入。手の縄をほどいてからはもうやりたいようにやらせてもらった。側位、バック、騎乗位、背面騎乗位、立ちバックとやりたいようにやりまくった。カメラを固定したり、手に持ってハメ撮りしたり、もうやりたい放題!結局3時間くらい好きな用にやって、5回射精した。最高だった。女は起き上がれなくてそのまま寝たのでマンコの中の精子をティッシュで拭いてやった。どうでもいい女だが最初は犯すつもりだったのに、途中から和姦になったのでやさしくしたくなった。布団かけてやって、鍵かけて郵便受けから中に鍵は落として戸じまりまでしてやった。今朝起きたら今夜も会いたいってメール。最高のやり女に仕上げたい。

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年7月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】歪んだ純愛 【NTR】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺は、ただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
偶然、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めたのだから。
俺は翔太のその顔を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど、近くにスーパーがあるので、そこで万引きさせようとした。
スーパーまで翔太を連れてくると、翔太が万引きしたくないとゴネやがった。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、やらせようとした。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り返ると、女が立っていた。
目が合うと、再度、俺に「やめなさい!」と叱り付けやがった。
俺は無言で、その女を観察した。かなりの美人だった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年5月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【浮気】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【不倫】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気】人妻と待ち合わしてラブホ直行 【不倫】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年9月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】生意気な年上女を寝取ったった【NTR】

中・高の学生時代、俺は本当に腐った奴だった。
今の俺はただ償いたい。過去の過ちを懺悔し数々の罪を償いたいと思っている。

面白くも無い毎日だった。たしか中学1年から2年に上がる間の春休みだったと思う。
俺は当てもなくただ歩いていた。高野、庄司を連れて、ただ歩いていた。
すると偶然にも、小学校時代の同級生 翔太とばったり会った。
俺の顔を見ると翔太は嫌な顔をした。
当然といえば当然か、俺達は翔太を散々虐めていたのだから。
俺は嫌そうな顔をしている翔太を見ると無性に腹が立って、虐めてやろうと思った。
ちょうど近くにスーパーがあったので、そこで万引きさせることにした。
半ば引きずるようにスーパーまで連れて行くと、翔太は万引きしたくないとゴネはじめた。
高野が蹴りを入れたり庄司が殴ったりして、なんとか万引きさせようとしていた。
すると、突然「君達!何をやってるの!」と厳しい声が聞こえた。
声の方を振り向くと、女が立っていた。
俺と目が合うと女は「やめなさい!」と叱り付けやがった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年3月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【会社】これってパワハラ?【職場】

私の職場は、上司の私と女性3人だけの少人数の課。
それでもリストラで1人減員しろという無理な会社命令。
実は昨年、一人いた男性社員を解雇したばかり。

退職勧告って自分のほうが鬱になりそうなくらい一番嫌な仕事。
それでも仕方がないので一番年上の小倉さんに辞めてもらうことに決めた。
旦那さんは上場企業の管理職なので経済的に困ることは少なそうだし
こんな赤字続きの小さな会社の中間管理職の私を軽く見ているのは前から
知っていたので、他の二人より選ぶのに心の痛みが少なかったから。

だから、まさか泣かれるなんて考えてもみなかった。

知らなかったけど旦那もリストラされて今は就活中とのこと。
「だから絶対に困る、助けてください」と土下座までされてしまった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2014年3月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【野外】JKの露出〜番外編〜【露出】

前回、僕は彼女から告白をされました。あの日、彼女を駅まで送った後、家に帰っても僕はしばらく放心状態でした。彼女の顔が頭からはなれないのです。彼女のことはずっと可愛いと思っていたし、性格も良く、とても魅力的な子です。しかし、僕は露出を楽しむことに特筆し過ぎていて、彼女を恋愛の対象とは考えたこともありませんでした。僕は今までに『早く彼氏をつくりなよ』という発言を彼女に何回かしていますが、これは本当に思っていたことで、決して自分をアピールしていたわけではありません。

しかし、僕も知らず知らずのうちに彼女のことが気になっていたのかもしれません。うまく説明できないのですが、それが彼女の告白によって一気に解放されたような気がします。あの日、彼女を見送った後、家に帰ってから彼女のことが愛おしくて仕方ありませんでした。『近くにいてほしい』僕はそれだけを彼女に求めていました。

そんな中でも僕はレポートを書き始めました。あれでも自分では心の乱れを感じさせないで書き上げたつもりです。しかし、いくら自分でそれをごまかしたつもりでも、読んでくれている人達には感じ取られてしまいますね。彼女に対する思いを抱いたままに、レポートを書きあげるのは体力や集中力以上にきついものがありました。正直、途中で批判のコメントに甘えてやめてしまおうかとも考えました。話が矛盾してしまいますが、そんな時に励みになったのがやはりコメントの数々でした。

あの次の日、いてもたってもいられず最初に電話をしたのは僕なのですが、いつもと違って緊張をしてしまいました。『・・・・もしもし?』『・・・・うん?』彼女も僕と同じで少し緊張しているようで、お互い意識をしているのがよく分かりました。『・・・・遅くにごめん・・・・・起きてた?』『・・・・うん・・・・・起きてるよ・・・・』夏休みとは言え、結構遅くに電話をしてしまったのでちょっと悪い気もしました。『・・・・・昨日はちゃんと帰れた?・・・・・』『・・・・・・うん・・・・・・・・なんかごめんなさい・・・・』彼女は謙虚にも謝ってきました。自分が突然告白をしたことで僕を困らせたと思っていたみたいです。

『そんな謝ることないよ・・・・うれしかったよ!』僕はすぐに彼女に言いました。彼女はどこまでもけなげで、聞いているこっちが罪悪感を感じてしまいます。『・・・・・・会いたい・・・・』少し間を置いて彼女は言いました。『うん・・・・だから電話したんだけどね(笑)』僕は正直に彼女に言いました。『・・・・え?・・・・』彼女は僕がそういう意味で電話をしてきたとは思ってもいなかったようで、少し驚いている感じでした。

『・・・・来週そっち行っても良い?』『・・・・・私が行くよ!・・・・いつも来てもらってるし・・・・・』彼女は気を使ってくれていました。『・・・・いいから(笑)じゃあ来週行くね!』『・・・・・うん・・・・・ありがと・・・・』彼女は僕の言い分に納得してくれました。少ししんみりした雰囲気だったので、やはりこれではいつもらしくないと思い、気分を変えて明るくふるまいました。『でも大丈夫なの?友達とは約束ないの?』『・・・・大丈夫だよ・・・・・・女子高生は結構ヒマなんです(笑)』彼女も僕の話し方の変化に気付いたらしく笑って言いました。

『そうなんだ・・・・じゃあ朝から晩までいっぱいオナニーできるね(笑)』『・・・・・しません!(笑)・・・・・・バカッ(笑)・・・・』付き合っても変わることのない変態でバカバカしい発言をする僕に彼女は言いました。しかし、どことなくいつもの雰囲気に戻って彼女も安心している様子もありました。『私服でいいからパンツは白ね!(笑)』『・・・・はいはい・・・ヘンタイさん(笑)・・・・』お約束のような要求に彼女は半分聞き流していました。

『・・・・・車で行くからどこか出かけようか?』『・・・・ホント!?行く行く!(笑)・・・』彼女はうれしそうに言いました。『え!?もうイッちゃうの!?オマンコ気持ちいいの?(笑)』『・・・・・・・バカッ!(笑)・・・・・・・・・じゃあ・・・・・待ってるね(笑)・・・・・』『うん(笑)』付き合って早々にバカ二つ頂き、電話を切りました。彼女と電話をするといつもこんな感じですが、彼女は別に怒っているわけではないので大丈夫です。むしろいつもの感じに戻って安心すらしました。すいません・・・どうしてもおのろけが出ますが、しばらくは許してください(笑)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【野外】JKの露出17【露出】

前回、夏休みも明けて、彼女も本来の生活リズムに戻りました。
2学期初めての露出も楽しむことができました。
彼女と会う時は必ず露出をしてると思われてるかもしれませんが、
特別そんなことはありません。
僕も彼女も、そこは普通のカップルなので、それらしく楽しんでいます。
お互いに時間の空きやすい夜は連絡を取り合い、
何気ない話から時にはエッチな話をして、彼女をからかったりしています(笑)
彼女は相変わらず思い切ったエッチな会話が苦手のようで、
笑ってごまかしたり、言いづらそうにそれを口にしたり、
時には怒り気味な反応を見せたりと、とても純粋で可愛いです。
それでも会話を止めようとしないことから、まんざらでもないようです(笑)

『もしもし?・・・・今大丈夫?』
その日は彼女から電話がかかって来ました。
いつも自分からかけてくる時は、僕を気づかってくれます。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

【会社】続・全裸イナバウアー【職場】

電話で専務が話していたイナバウアーという言葉が耳から離れませんでした。
なんとなくGoogleでイナバウアーと入力してみると、、、
出てくる出てくる僕の想像どうりの画像が何枚も表示され、

こんなポーズを、あの若葉さんが、させられるのか、、、
優しく仕事をサポートしてくれる若葉さん(↓イメージ画)
(管理人:リンク削除)
彼女の繊細な顔だちが脳裏に浮かび、やるせない気持ちになりました。
表示された画像を次々クリックしながら物思いに耽っていると
いつの間にか庄司と渡辺が僕のPCを覗きこんでいました。
「すげえ格好だなw。若葉さんもこんなに反らせちゃうのかな?w」
庄司のもの言いが、なんとなく頭にきました。
「お前のせいだろ!若葉さんこんなポーズさせられて写真撮りまくられるんだよ!どんな気持ちか考えろ!」
「そりゃ死ぬほど恥ずかしいだろw」
「S社の佐藤とは今後も商談あるだろうし、そんな奴に裸を撮らせるんだからなw」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【野外】JKの露出13【露出】

以前から宣言していながら、自分の欲情に耐えられなく続いていた彼女の露出ですが、先日ついに地元千○で実現させました。彼女も前回の露出の後から夏休みに入り、時間にも余裕ができました。予定では8月に入ってからにしようと思っていたのですが、猛暑が続く中、比較的涼しい日々が突然やってきたので、これは実行するしかないと思い彼女に連絡を取りました。

『もしもし〜?(笑)』『なに〜?(笑)』露出をはじめた当初に比べると、彼女は乗りも良くなってきて、それがより一層可愛さを増しているようにも思えます。会話一つ一つの受け答えにもそれが表れてきています。いつも指摘があるように、文章力のない下手な自分の投稿ですが、いつも読んでくれている人達にもそれが伝わればと思って、下手なりになるべく詳細に会話をレポートするようにしています。

『もう夏休みだよね?・・・・そろそろ来る?(笑)』『・・・・え?・・・・来月じゃなかったの?』彼女も予定よりも早い変態の誘いに少し驚いていました。『なんか涼しくなったから今の方が良いかなと思って。暑いと疲れちゃうでしょ?』『・・・・心配してくれるのはうれしいけど・・・・・それだけじゃないでしょ?(笑)』彼女は悟っていました。その通りです。『最近読まれてきてるなぁ(笑)・・・・・そう!我慢できない(笑)』僕は遠慮なく彼女に言いました。『・・・・やっぱりね・・・・・ほんっっとにヘンタイだね(笑)・・・・』彼女は溜めに溜めて変態を強調してきました。

『あのさ・・・明日とかどお?(笑)』『・・・・明日?(笑)・・・・あのねぇ・・・・この間したばかりでしょ?・・・・そんなに私に恥ずかしい思いさせたいの?(笑)』彼女は呆れかえるように言ってきました。『させたい!毎日でもさせたい!(笑)』『・・・・・バカッ(笑)・・・・・・それで・・・・・・・前に話した千○に行けばいいの?』彼女は僕の誘いに乗ってくれました。『うん、明日の12時ぐらいで大丈夫?』『・・・・・・わかりました(笑)』いつもながら急な誘いなのですが、彼女はそれに応えてくれます。

『じゃあ明日ね!制服着てきてよ!あとパンツは絶対に・・・』『・・・・はいはい!・・・白でしょヘンタイさん(笑)・・・』テンションの上がった僕を彼女は止めるように言ってきました。その日の夜は眠れませんでした。当初、僕が出先で見かけた彼女に声をかけた時は、まさかここまで発展するとは思ってもいませんでした。当たり前のことですが、最初はパンツを脱ぐことすら拒んでいた彼女ですが、それから少しずつ慣れていってくれて、今では触られて最後は絶頂を迎えるにまで至ります。彼女は恥ずかしがり屋ですが、とても人懐っこいところがあり、なによりも純粋で本当に優しい心をもっています。彼女といると、どこか気が休まるような心地良い気分になります。

当日、彼女は約束通りに千○へ来てくれました。駅の改札付近で待ち合わせをしていたのですが、やはり夏休みに入ってしまい、制服を着た学生はほとんどいない状態でした。なんともさみしい限りです。少し待っていると制服を着た彼女が改札から出て来ました。いつも僕が会いに言っているだけに、彼女が改札から出てくる姿はとても新鮮に感じ、いつもと違うんだと言う実感が余計に沸き出て来ました。ついに彼女が千○に降り立ちました。

『遠かったでしょ?(笑)』『・・・・遠いよぉ!(笑)よく毎週のように来てたね(笑)』彼女の言うとおり、ここからはかなりの時間を要します。何回通ってもその遠さは慣れませんでした。しかし、それを我慢してでも可愛い彼女の露出を見たいのです。それだけの魅力があります。露出が終わると帰宅してレポートの日々が続いています。正直言ってかなりしんどい時もあります。彼女の露出を思い出し、興奮した勢いで一気に書き上げることがほとんどですが、それでも最近の文章量だと僕では8時間は要します。このような行為を続けていると、最初の始まりが特にマンネリ化しているので、その辺りは少し省かせてもらおうかと思っています。もちろん要点はしっかりとレポートしていきます。

『お昼食べてないよね?恥ずかしい露出する前になにか食べようか?(笑)』『・・・・またそういうこと言う(笑)』僕はところどころで余計なことを言うので、彼女も敏感に反応します。駅前で軽く食事をとり、再び駅に向かいました。『・・・・おっ!・・・・可愛い!(笑)』『・・・・可愛い!あの制服どこだ?』ホームに上がるまでに何人かの同年代の男の子達がいたのですが、中にはこのように彼女を見てわざと聞こえるような声で口にする子もいました。当たり前ですが、さすがにここまで来ればよっぽどのことがない限り彼女の制服を見ても分かることはないようです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ