Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【人妻】5年ぶりに妻のエッチな姿に興奮する私【他人妻】

妻と知り合って3年目に結婚、現在5歳の子供も授かりました。
ケーキ屋さんに働く凄く綺麗な女性(妻)に一目惚れ、猛アタックで横取り交際。
エッチも気が合い、毎日の様に行われた営みも、子供が生まれると同時に無くなりました・・・。
・・と言うより、私が抱けなくなったと言う方が良いかも知れません。
待望の子供の出産に、私は立ち会ったのです。
苦しむ妻の手を取り、”頑張れ!”と言う事しかできませんでした。
”出て来ましたよ”と言う言葉に、先生の後ろに回って生まれる瞬間を見たんです。
妻の陰部は凄い広がり、出血の中に子供の頭が出始めていました。
”う~あぁ~”と妻が声を上げる中、ズルズルと子供が・・・。
”うぎゃ~うぎゃ~”と赤ちゃんが泣いたんです。
嬉しいと言うか?驚いたと言うか?複雑な思いでした。
妻の目からは涙が出ていて、思わず手を握り”頑張ったな!元気な男の子だ”と声を掛けたんです。
まぁ、そこまでは本当に感動的なシーンだったんですが、妻と赤ちゃんが家に帰宅し平和な生活が
訪れると同時に、妻との夜の営みも復活!する筈でした。
しかし、妻のマンコを見ると出産のイメージが浮かび何故か股間が収縮してしまう様に・・・。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気】女だけど婚約前に浮気した 【不倫】

小野真弓に似てるってよく言われる

結婚したのは6年前、ハタチのころ

わずか結婚1年で、欲求不満が募っちゃって、

でも身近にそんなはけ口にできるような相手も居なくて

ヒマつぶしのつもりで出会い系に登録した。

そこで会った男たちのことを吐き出したいと思う。

3:名無しさん@お腹いっぱい。:2012/10/01(月)13:54:55.92

出会い系で知り合った三十路半ばの既婚サラリーマン

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【レイプ】パート従業員 菜生 【強姦】

私は秘書を派遣するような自営の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。
募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。
面接の際には、やはり
「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」
と思い、そういう観点から選考を進めました。
まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。
3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「菜生さん」と言う34歳のロングヘアの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。

最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。
特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。
「プロのモデルさんを頼まないといけないな」
と思っていたところ、彼女が
「私でできることなら協力しますけど・・」
といってくれたのです。
別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:レイプの体験談

【人妻】無垢な妻【他人妻】

僕の妻は44歳になるのにどちらかというと童顔で性格も幼く他人から見れば20代後半に見られます。
顔立ちは女性誌の表紙によく出ている「黒田知永子」似で良妻賢母という言葉が当てはまる僕にとっては申し分のない美人妻。
 
 
職業は私立幼稚園の教諭。学生時代からの付き合いから一緒になったので処女であったことは間違いなく結婚後も僕一筋に尽くしてくれていました。
そんな申し分のない妻なのだが不満がある。職業的かも知れないが世間知らずで真面目。
夫婦生活でマンネリ化しているときに例えばアダルトDVDなど一緒に見ようとするとまず毛嫌いされます。
テレビなどでの浮気シーンや、不倫話はあくまでも縁のない作り話としか思わず結婚しているのにそんなことなんてあり得ないと思うタイプだけに厄介な面もあったのです。
しかし、夫婦生活は処女から教え込んでいたのでテクニックは上手なほうだと思います。
僕の身体全体を羽毛で撫でるように舐めることやフェラチオだって手抜きせず唾液を濡らして絞り込むようにしてくれる。教えれば自ら積極的に上達するタイプなのです。
僕にはもともと、スワッピングや誰かに妻を抱かせたい願望がありました。
その願望の理由は結婚前の若い頃、こっそり付きあっていた人妻との関係があったからと思ってます。
その人妻は普段はまったく真面目で傍目では浮気などぜったいしないタイプでありましたが僕とはとろけるような濃厚なセックスをしていました。
妻は無垢で真面目だけに、スワッピングの話などできる筋合いのものではないと自分なりに思い込んでいたのです。しかし、ある晩から一気に進展していきました。
スワッピングって何?

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】酔った勢いで妻を晒してしまった・・【他人妻】

今年のGWに同級生と飲み会があったのですが
同じ日に妻も職場の仲間と食事会(飲み会)があり子供たち4人を私に実家に預けて出かけました。私は44歳、妻は41歳、子供は高校生の長女と中学生の次女、小学生の三女と長男という家族です。妻から『二次会の後、カラオケに行くから少し遅くなります。』とメールが着ていました。
私たちは居酒屋を出てスナックへ行く予定が私の家で飲もうってことになり
タクシー2台で私と5人の友人がコンビニ経由で我が家に到着、飲み会の続きをしていました。しばらくして酔った妻もタクシーで帰宅、そのまま飲み会の輪に加わり
上着を脱ぎタンクトップと膝までのスカート姿で最初は床に正座してたのですが
気づくといつの間にかソファー側に座り友人の一人に少し持たれかかっていました。話題は下ネタというか妻の胸の話で盛り上がっていました。
妻は少しポチャっとした体型で巨乳&デカ尻で、妻が帰宅するまでも友人たちが胸を揉んでみたいとか
話のネタになっていたので、その延長だったのです。
実際に妻は巨乳でブラをしていれば素晴らしい胸なのですがブラを外すと見事に垂れています。
お腹も皮が垂れて妊娠線が目立ちます。妻は二人の友人に挟まれて満足そうな笑顔でしたが、酔って眠そうな虚ろな目をしていました。
しかしそんなことはお構いなく二人の友人は妻の胸やお尻に軽くタッチしていました。
最初は「きゃー」とか「エッチねぇ」とか言って友人の手を振りほどいていましたが
途中から何も言わなくなったと思ったら眠ってしまってました。その時気づいたのですがソファーの反対側に座っていた三人の友人の視線が妻の下半身に集中しているようで
妻の方を見るとスカートの裾が上がり股も少し開いてるようで向かいの友人たちには股間の下着が丸見えのはず・・・
と思った瞬間に酔ってたこともあったのか私の悪魔の部分が騒ぎ出したのです。立ち上がると三人の後ろに回り込み妻の股間を覗きこみました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】幼妻と家族関係【他人妻】

俺25歳 妻24歳(由美子)父48歳 母45歳 祖母72歳の家族5人の話しです。
俺の親は、個人経営の小さな瓦屋を営んでいて、両親共に遠く(県外)に出かける事が多く、俺は小さい頃からじいちゃん・
ばあちゃんっ子だった。小学校の時も、授業参観はほとんど、じいちゃん・ばあちゃんが来てくれていた。だからとても2人
には感謝していた。
両親の仕事も不景気で大変みたいで、俺には普通に会社員として仕事を探す様に言っていた。
だから俺は、勉強して地元の役場に勤める事が出来た。
去年、俺は結婚した。祖父・祖母共にとても喜んでくれた。結婚して間もなく、祖母が病気で亡くなった。とてもショック
だった。急な出来事に祖父もショックで寝込んでしまった。両親もそんな祖父を心配していたが、家に居る事が少なく面倒
は俺の妻が見る事になった。俺も心配だったので、嫁には”じいちゃんの事頼む!励ましてやってくれ!”とお願いしていた。
嫁の励ましが良かったのか、じいちゃんは段々元気になった。その頃から、俺は嫁の異常行為が目に着く様になった。
初めは、家族でコタツに入って居る時も嫁は常に祖父の隣に座りニコニコ話をしていた。両親も”仲良しね”って気にして
居ない感じだった。しかし、祖父の手は嫁の太股を摩っているのです。祖父がトイレに行く時も付き添い、トイレで何か
楽しそうに話声が聞こえます。最近は、朝祖父が着替える時も嫁が手伝っているし、祖父がトイレに行った時に一緒に嫁も
用をたしているようでした。
俺「お前、じいちゃんの面倒は良いけど、やりすぎじゃねーか?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】愛人作っちゃった俺www【セフレ】

僕には愛人がいるんです。僕が愛人関係を好むようになったのは
結婚してから、結婚すると、その先の未来を妻との関係を
良好にしていかないといけないのですが、
なかなか思い描いていた、結婚生活とは、違い、
結婚生活にはなにも潤いも、刺激もありません。そんなときに同僚から聞いたのが、愛人の存在
その人は、結婚生活に不満はないという人で、その方に僕は
結婚生活を楽しめるコツを聞いたんです。すると即答で愛人を作ることといっていました。
『結婚していることをちゃんと理解してくれて、自分の結婚生活へは
足を踏み入れない女性と愛人関係になれば、いつでも恋愛気分だし
妻とのセックスレスの不満も消える。妻には悪いけど、充実してる生活を自分が送ることで
妻もそれなりに嫌な顔をしなくなる。
まずは、楽しくない生活を自分自身が楽しめる生活に変えていくことで
妻への接し方も普段よりやさしくなったりするよ。』そういう彼は本当に充実していてそうで、
僕も仕事帰りに早速ネットカフェに立ち寄り、愛人紹介掲示板へ登録して、愛人を探した。登録している女性は、僕と同じ既婚者の人とかが多くて、
お互い家庭がある中で、秘密の関係を築ける相手を探しにきていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2014年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】夫と義理息子に愛される私【他人妻】

私(真澄38歳)は、夫(47歳)と息子(20歳)に愛されています。私は22歳の時に一度結婚したんです。
前夫は、束縛が激しく私が他の男の人と話しているのを目撃しただけで”浮気だ”と言い
家に帰るなり全裸にされ縛られた上、鞭で叩かれ絶対服従を約束させられるんです。
昔から、ちょっとMっ気の強い私はそんな彼に逆らう事が出来ませんでした。
前夫と結婚し2年が経ったある日、私は前夫と一緒に買い物をしていると”真澄じゃないか!”と
声をかけられたんです。振り向き確認すると学生時代の友人A君だったんです。
”久しぶりだなぁ!元気か”
”うん!A君も元気そうね!”
”あ~何とか社会人生活を送っているよ”
”真澄!誰だよ・・・”
”えっ、学生時代の友人なの!”
前夫の顔つきが変わるのが分かり、オドオドしていました。
”A君、それじゃ”
”あ~真澄も元気でな”
早く彼と離れないと夫に何をされるか分からない・・・私は泣く泣くA君と別れたんです。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】彼女と私が別れた理由【他人妻】

今から5年程前、私は可愛い彼女と別れた。
当時、私は22歳でまだ駆け出しの社会人でした。
大学の時に知り合ったか彼女(里香/20歳)と付き合っていました。
大学でも結構モテていた彼女だったが、サークルで一緒になり意気投合し付き合う事になったのだ。
付き合いだして半年、私は就職も決まり車を購入し初めてのデート。
ちょっと無理をして海沿いのコテージを予約した。
海が目の前に広がる綺麗なコテージ。
全ての部屋には露天風呂(小さいが)があり、自由に入る事が出来た。
私達も、部屋に入ると直ぐに風呂に入った。
風呂から上がり、夕食を済ませると砂浜を散歩していた。
気持ちも盛り上がり、人目を気にする事無くキスをしていた。
(たぶん誰も居なかったと思う)
何だか、ムラムラした私は、彼女の胸を揉み下半身に手を伸ばすと、流石に彼女も抵抗してきた。
”部屋に戻ろう!”と言われ、もう一度キスをすると部屋に戻った。
帰り道、誰かに付けられている感じはしていたが、気のせいだと思う事にした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】マンションの隣にチンピラ風の人が 続き【他人妻】

私は自分で恥ずかしいぐらいアソコを広げて、小さい娘がオシッコさせられるような格好で、ソファーに座って足も広げていました。
男は膝を床について、私のアソコに固くなった大きなアレの先を当てました。
もちろんコンドームなんてしていません。
私は小さい声で「あのっ、コンドーっ」と言いかけると、男は先を「ブチュッ」と入れてきました。
私は「あうっ」と声がでてしまい、ゆがんだ顔で、もう一度男に「お願いですコンドームを」と言いました。
でも男は私の目をジッと見つめたまま、ゆっくりアレを押し込んできました。

私は必死で「お願い、あんっ、ああああ、ハァハァ、ゴムっ、お願いします、ああああ」と言いましたけど、男は無視して、半分ぐらい入れてしまいました。
もう気持ち良過ぎてどうでもよくなってしまいました。
半分しか入ってないのに、主人や元カレの何倍も存在感があって、何倍も気持ちイイです・・・
もっと奥まで欲しくなって、彼の顔を見つめました。

すると男は「スポンッ」とアレを抜いてしまいました!
私はびっくりして「あんっ、え?」と言ってしまいました。
すると彼は「ゴムないからやめるか?」と言いました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年8月3日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ