Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【人妻】友達の奥さんとお風呂で・・・【他人妻】

去年の12月に友達夫婦と僕達夫婦の4人で群馬の温泉に出かけました。
友達は中学から大学まで一緒で、今でも仲良くしています。
友達の奥さんは25歳で僕と友達の共通の友人でした。歌手のhitomiに
よく似ていて、性格もよく、かなりのレベルでした。
まだ子供もいませんのでスタイルも抜群です。去年の夏に4人で海に
行った時にそのスタイルは確認済みでした。特に、胸の谷間と「くびれ」が
たまりません!(^ ^;) 何度もやりてぇぇ!!って思ってました。
昼間はスキーを楽しんで、夜は酒を飲みながらワイワイとやってました。
冬だというのに、奥さんはミニスカートをはいていて、座敷で飲んでいた
ものですから、たまに奥さんの足が開いてパンティが見え隠れしていて
ひそかに勃起してしまっていました。友達が羨ましいなぁ〜と思いました。
「うぅ〜 ○○のヤツ!毎日あそこに入れてるんだろうなぁぁ〜」ってね。
宴もたけなわで、そろそろお開きということで、それぞれ部屋に戻りました。
僕の奥さんはかなり酔ってしまったようで、すぐにスヤスヤと寝てしまいました。
仕方ないなぁと思い、僕は風呂に入りに行きました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年3月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【彼女】小さな彼女【彼氏】

小さな彼女

ミキちゃんは7歳の小学2年生で、身長134cm 体重不明 クラスでは後から2番目ということ。
年の割りにはかなり大きい子です。
あまり詳しく書くとウソっぽいのでデータはこんなもんで本題に。
あっ、私がミキちゃんと知り合った理由は、バツ1な私の彼女の連れ子です。
まず、普段彼女に使っている苺のローターを手渡してみました。
スイッチを入れてあげると
「なんだぁこれービリビリして面白い〜」
と舌に絡む様なこの年齢特有の口調ではしゃいで私に擦り寄ってきました。
私があぐらをかいているとそこに収まるように座るのがいつもの事なので、
どれどれと私がローターを手に取り「ビリビリ攻撃だぁ」とおへその辺りに
押しつけるとくすぐったがりながらも、いやがらずにニコニコしながら
「そんな攻撃平気だもん」と私の手を見つめていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2014年3月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との体験談

【寝取られ】嫁のキョウコがデカチンの友人に寝込みを襲われた【NTR】

俺は25歳の社会人で、ホントにどこにでもいるような特徴のない男だ。
175cm、72kg、ちょっと太り気味の内向的なキモオタだ。

だが、奇跡的に最近結婚した。
しかも、嫁はかなり可愛い。
嫁のキョウコは、まだ21歳で、ピチピチの若妻だ。
彼女が短大の時に知り合い、卒業と同時に結婚した。
知り合ったのは、いわゆるオンラインゲームだ。
ゲームの中で知り合い、色々と助けてあげているうちに、キョウコの方から一度会いたいと言い出した。

初めて女性と二人きりで会うシチュエーションに、死ぬほどドキドキした。
まともな服も持ってなかったので、ZARAに行ってお姉さんに言われるままに全部そろえたりした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年3月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】我との出会い【他人妻】

今年で55歳を迎える妻。私は1昨年定年した62歳。妻は20歳になるとすぐに結婚、しかし、1年足らずでその結婚も破局へ。
本当の理由は知る由もないが、お見合い前の仲人さんの話では、身勝手で性格の不一致が原因だと聞いた。
妻の容姿はというと身長も1m50cm強。しかしながら、当時の妻の話では胸は86cm、ヒップは90cmと言っていた。
言い忘れたが、私と妻がお見合いをしたのは私が35歳妻が24歳の時でした。お見合いの席に現れた妻はそのふくよかな胸はワンピースから柔らかく盛り上がり、腰からお尻にかけての丸みは服の上からも十分見て取れた。
20歳での結婚もお見合いだったそうだ。それにしても私の思い出は随分早く結婚したものだと今でも思っている。それに上に3歳年上の姉を差し置いての結婚である。かといって子供が出来たからの出来ちゃった婚ではない。
二人の間には子供は授からなかった。コントロールしていたのかもいれませんが???。当時夫となった彼は24歳と聞いています。私と結婚後徐々にわかったことは、その若さだから当たり前かも知れませんが、会社は定時で終わる職業であったからなのか、夕方6時には帰宅していたそうだ。妻にとって彼は初めての男性で、キスさえも初めてだったそうで、初めて男性を受け入れたのも結婚式初夜のことだったそうだ。夫は帰宅するや否や、彼女を抱きしめ、夕食よりもお風呂よりも第1戦を要求していたそうだ。それが終わってから二人の夕食が始まり、夫は毎晩ビール1本空けて、それから2人でお風呂に入ったそうだ。
次第に性行為は激しさを増し、ベットに入るまではエアコンを程度に保った部屋の中で妻は下着を付けず、キャミソール一枚の格好だったとか。彼はというと朝まで全裸であったとか。朝も起きるや男性特有の朝立ちをそのまま寝起きの1発をしていたそうだ。避妊などすることなく常に中に射精していたとか。彼は彼女と違い、高校時代水泳をしていたので筋肉質で身長も1m80位だった。月に一回の整理が来ると、彼は終わるまで我慢が出来ず、妻の手でしごき、あるいは彼女の口で射精をしていたそうである。1年足らずの結婚生活とはいえ、夏になると、ベランダに2人とも全裸のまま出て、立ちバックでのセックス、それもエスカレートすると休みの日など、夜中に彼は車で適当な場所を探し、野外セックスをしたこともなんどもあるとか。
結婚時代、妻の下着はすべて、彼がネットで取り寄せたものばかり。透け透けのもの、前開きのもの、Tバックなど見るからに
卑猥なものを付けさせ、当時でいうミニスカートもしゃがめば必ず、パンティーは容易に見えるものばかりだったとか。
それだけではない。ネット愛好者の彼はバイブレーターも何本か購入して、妻に自分の前でオナニーを強要していたこともあったとか。私がまさかと思いながら、剃毛経験はと問うと何度か妻ばかりか、彼もいっしょに剃毛していたとのこと。
次第に妻は自分はまるで彼の性の奴隷ではと何度も思ったことから離婚に向けて彼女の思いは強くなった。極めつけは、夏のある日冷蔵庫の角氷を持って来て、妻のアナルに挿入しようとしたそうだ。それまでもアナルセックスを幾度となく強要されていたが、流石にそれには応じられなかったとのこと。妻から彼に離婚を迫ったものの、彼は一向に受け付けることはなかったそうだ。妻も仲人さんに其の事をありのまま言うことはとても出来ず、人生観が違いすぎる、性格が違いすぎるとの弁しか言えなかったそうだ。妻は裁判してでも別れたいという言葉にやっと彼は応じてくれたそうだ。それから離婚して実家に帰りパートタイマーで働いていた。その間は彼は出来なかったかの私の問いに、離婚して半年が過ぎたころ、違う仲人さんから見合いの話が
何回かあり、お見合いをしたそうだ。私と知り合う1年位前、お見合いをした男性とお付き合いを始めた。その男性は礼儀正しく、好感がもてたそうだ。次第に何回かのデートでキスをし、胸をさわられると通常の男女の恋が進展してきて、妻のこの人ならと思い始めた頃、初めてドライブの終わりごろ、突然ラブホテルに連れて行かれたそうだ。しかし彼の言葉の中に「1年近く
結婚経験があれば、セックスなんて挨拶みたいなものだろう?それに離婚してから今までオナニーはもちろんのこと、性の喜びを知ったお前が、男のペニスなしで過ごすことなどありえないはず。その男をそそるような大きな胸、よつんばにしたら最高の
お尻を振って喜んでいたんだろう?」とある限りの侮辱発言をしたそうだ。その時妻は悔しさで泣きじゃくったそうだ。
それを見てもその男はまるで豹変したかのように妻の衣服をすべてなぐり取り全裸にさせ、襲いかかってきたそうだ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【彼女】レイナちゃんと高橋さんとわたし 【彼氏】

はじめに言っておくけど、男の娘やニューハーフに手を出さない方がいい。
俺は、後悔はしていないけど、もう戻れないと思う。

俺は、25歳の美容師だ。結構デカいチェーンで働いているが、運良くイケメンに生まれたので、客もたくさんついて忙しい毎日だ。

女には不自由していなかったが、ここで働き出してからは本当に忙しくて、出会いがなくなった。
お客さんに手を出すわけにもいかず、もっぱらオナニーで済ませていた。

オナホだとか一通り通過した後、アナルをいじる事に興味を持ってしまった。
綿棒から始めて、指でもして、とうとうアナル用の細いバイブを買ってしまった、、、

指でも結構気持ち良いと思うようになっていて、前立腺の場所はもう把握しているような状態だった。
そして、ドキドキしながらアナルバイブを突っ込んでみた。
スイッチを入れると、振動が結構強くて驚いた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との体験談

【妹】ノンフィクション【LOVE】

むかし、俺には妹がいた。
少し生意気で、いつまで経っても子供で。
本当に可愛いヤツだった。
俺には妹がいた。
あの日まで・・・・・・

 その日、両親は外泊し家の中には俺と真由美の二人だけだった。
夕食も終わり、自室のベットに横になりながら俺は雑誌を読んでくつろいでいた。
 「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」
ドアが開き妹の声がする。
 「・・・・おぅ。」
気の無い返事をしてページをめくる。
少し間をおいて再び
 「お兄ちゃん、お風呂沸いたよ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2014年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:妹との体験談

【寝取られ】大学生の甥と嫁のプライベートレッスン2【NTR】

甥のタクミ君を、彼の受験の時に家に数日泊めた。
その時に、俺のいたずら心から嫁の明子をけしかけて、色々とタクミ君に対して挑発をさせた。

そして、俺のアシストもあって、彼は嫁でファーストキス、ディープキス、フェラチオ、ごっくんまで体験し、嫁をクンニでイカせることも出来た。
俺は、嫉妬が興奮に変わり、寝取られるという新しい快楽に目覚めてしまった。

嫁も可愛らしいタクミ君を挑発して、色々と教えてあげるのは楽しかったようだ。

ただ、それも数日間だけのつかの間の非日常だと思っていた。

タクミ君が帰ってしまった後は、嫁とは出会った頃のように激しく求め合う日々が復活していて、タクミ君との事は最高のスパイスになったと思って喜んでいた。

嫁も、色々とタクミ君の事を口にしては、俺を挑発して嫉妬させてくる。
それにまんまと乗って、嫁の事を狂おしく求める毎日だった。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【王様ゲーム】ドSな彼氏に【乱交】

<>158:えっちな18禁さん:2012/04/09(月)07:34:26.91ID:nmL7/gmXO<>
ドSな彼氏に朝からミニスカノーパンで上半身は緊迫され白いワンピ着せられたままコンビニでコンドーム買わされた
その後、まだ空いてる電車内でリモコンバイブをつけさせられ、一応パンツも墓されずっとバイブが動きっぱなし
駅に着くと彼氏は私の友達と待ち合わせて私の前でいちゃいちゃする
私は寂しく、二人に嫉妬し泣きたくなるんだけど、何故か二人のHシーンを妄想して身体が敏感になる
心までいやらしくなる
ゲームセンターに入った彼氏と友達はプリクラの中に入る
明らかにキスしてる
私は我慢出来なくなりトイレに行きバイブを激しく出し入れする
すると彼氏から電話が来て、オナニー禁止と一言言われる
そんか状態が続き、気が狂うほどイきたくてイきたくてどうしょうも無くなった時
彼氏、私、私の友達の三人でホテルへ

<>159:えっちな18禁さん:2012/04/09(月)07:38:59.76ID:nmL7/gmXO<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:王様ゲーム・乱交の体験談

【寝取られ】黒髪清純な先輩との初体験1【NTR】

僕の初体験の相手の話なんですけどいいですか?

僕が高校2年の時の話なんですけど
バイト先にまい先輩っていう人がいて
僕はその人を好きでした。
まい先輩は顔は本上まなみに似た丸顔で
実際ムチっとした体つきをしてました。
デブではないんだけど肉付きがいやらしい感じで
本人もあまり肌の露出は好きではなくて
「わたしって何着てもさわやかじゃないんだよねー」
なんてよく笑ってました。
——————————————————————————–
いっつも笑ってるような人で笑顔をたやさないというか
そのあたりの雰囲気も含めて本上まなみに似てるのかも。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年2月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【野外】JKの露出19【露出】

前回の露出をした後、体調を崩してしまいました。
おかげで仕事もはかどらない上に、夜も早めに寝ていたので
彼女とも電話であまり話が出来ませんでした。
彼女はとても気を使ってくれる子なので、電話は最小限にしようと
自分の話はあまりせずに、僕の体の心配ばかりをしてくれました。
ただの風邪なので何も心配することはないのですが、彼女はそういう子です。
早く彼女にも安心させてあげたかったので、一週間は体調を戻すことに
専念しました。

彼女の優しい気づかいや、出来るだけ寝て休んだおかげもあって
体調もすっかり良くなりました。
まずはそれを伝えたくて彼女に電話をしました。
『もしもし?起きてましたか?(笑)』
『起きてますよ(笑)・・・体は大丈夫ですか?』
彼女はまずそれを僕に聞いてきました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

このページの先頭へ