Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】続々々・隣の少女【セフレ】

この投稿はネタです。あくまでネタなので、あしからず。
五月十八日(木)
俺は昨日の夜から興奮して眠れなかった。
何しろ、ジジイと佳純ちゃんのエッチが見れる!かもしれないからね。
先週の隠し撮りはとりあえず成功したから、同じ方法で行く。
しかし、休みの朝6時に起きてる俺はいったい?(笑)
タバコでも買おうと、外にでると、いい(悪い?)タイミングで、愛犬のミニチュアダックスフントのロッキーを連れて散歩している、ジジイに遭遇。
「ああ、加藤さん、おはようございます」
「おはようございます(でたな、エロジジイ)」
「今日は早いですね?仕事は休みなんですか?」
「いや、今日は昼からなんですよ(ウソ)、夜もなんで(ウソ)今からまた少し寝て(ウソ)出かけます(ウソ)」「若いのに、関心ですなー、無理せんようにして下さいよ」
「ありがとうございます(ジジイも腹上死しないようにな)」
おもてむきは気さくな大家なんだけどねー。
つるっぱげだから、俳優の故・金子信雄に感じはにてる。
何時ものように、母親が先に出かける。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年4月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】向かいのマンションの奥さんに種付けをした【他人妻】

向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。
旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。
27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。
娘も友人宅に外泊。
チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。深夜、合い鍵で堂々と侵入。
(不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピー
するのは簡単だった)
奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。
まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起した。俺は奥さんの寝室に侵入すると、衣類を脱ぎ全裸になり、ベットに奥さんを
辱める為の道具を準備した。
そして、寝室の扉の死角に隠れてその瞬間を待つ。
やがて風呂から上がった音がして、バスタオルを巻いた奥さんが寝室に入っ
てきた。
俺は後ろから近付き羽交い締めにした。
驚いて声にならない悲鳴をあげて気を失ってしまった、当り前か(笑)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を育てる4/4【他人妻】

スナックでの乱痴気騒ぎと、ラブホテルでの合宿型調教の一部始終を妻から聞き取った翌朝、リビングで向き合った妻に問いただしました。
「もし、Aさんから、またスナックへ誘われたら、出て行くのか?」と。
妻は、しばし沈黙しましたが、うつむいて答えました。
「もう、Aさんから誘われてるの」と。
「いくのか?」
「...........うん。いつもは行かないけど。」
妻の説明では、ホテルからの帰途に車の中でバイブ責めをされながら、何度もAさんに「また、(スナックへ)来るんだよな!」と尋ねられたそうです。
初めはためらっていた妻も、最後はBさん、青木さんにひとみさんまで加わって責められた挙句、涙を流しながら「いきますぅ!!!」と約束させられたそうです。
そんな約束なんか、どうでも良いのですが、やはり「妻の身体がそれを求めている」のでしょう。
後日、青木さんと連絡を取ると、妻を説得しているシーンをビデオに撮影していなかったのは、全員参加(笑)で妻を責めていたためにビデオの撮影係がいなかったためであり、他意は無いとのことでした。
逆に、Aさんからの私への伝言として、「新しいプレーをする時は私の意向を確認することや、妊娠には気をつけること、ビデオで報告すること等の、私が提示した約束は守る。スナックへ来るのは、手の空いた時だけで良い。手当てと帰りのタクシー代は払う。」等の条件を提示してきました。
私は、妻が私から遠ざかっていくような感覚に悩みましたが、私では導けない快感に犯されていく妻の姿を見ることの誘惑に負け、最終的には妻をスナックへ行かせることにしました。
妻が持ち帰るビデオテープがもたらす、エロビデオとは比較にならないエクスタシーと背徳感に捉えられていたのです。
それから、私の妻は、月に2度弱くらいの割合でスナックへ出かけるようになりました。
子供を持つ主婦としての役割もありますし、生理等の体調もあります。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】ファーストフード店で働いていた彼女【NTR】

補足、彼女は当時で20歳になったばかり、男性経験は私で3人目
   身長153cmで小柄のCカップ?
   性格は明るく元気系の女の子で、客などからリア・ディゾンを幼く丸顔にした感じとよく言われ怒っていた。
   

いきなりすません、二年ほど前の話です。

 私には、ちょっとロリ系というか、かわいい感じの彼女がいました。
彼女は、某有名ファーストフード店で働いていて、明るい彼女は職場でもまあまあ人気があるようでした。
あるとき、深夜仕事帰りに私は彼女の勤めているファーストフード店に行きました。
滅多に彼女が働いているときには行かないのですが、少し驚かしてやろうという気持ちもあり、車でドライブスルーへ向かったのです。

「いらっしゃいませ」と男の声、いきなり対応してくれれば一番面白かったのですが、私はセットを注文して車を窓口に進めました。
  ーいないなぁー
車から店内をのぞいても、彼女は見つかりません。窓口には少し気弱な感じの若い男の子が対応してくれました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年4月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【浮気】W不倫【不倫】

私が不倫している相手というのが、実は近所に住む家族ぐるみでお付き合いしている奥さんなのです。その人は千夏さんといい、私より3歳年上の36歳です。
千夏さんと不倫の関係になったのは、ある熱い夏の日でした。
小学校に通う娘の彩花と、千夏さんの娘さんと仲が良く、映画や遊園地などに一緒に付き添いをしたり、お互いの家にお泊りをしているうちに家族ぐるみでお付き合いするようになりました。
そして、夏休みに海に行こうということになったんです。
久しぶりに見た妻の真由子の水着姿にも興奮させられましたが、千夏さんのビキニ姿も思わず見惚れるほどのナイスバディでした。
2人のお子さんを出産したのにあまりボディラインがくずれておらず、貧乳な妻とは対象的な巨乳でした。
砂浜を走るたびに揺れるバストに釘付けになってしまい、年甲斐もなくイチモツが大きくなってしまったほどでした。
朝からはしゃぎまくっていた子供たちは夕方前には遊び疲れたらしく、夕食を前に寝てしまいました。
それで夕食は大人だけで楽しみましょうと、急遽、宴会場をおさえてもらいお酒を飲みながら会社やご近所さんたちの悪口を言ったりして、かなりお酒が入りました。
一旦、お開きになり、酒に酔った妻を宴会場から部屋に連れていき、私は酔いを醒まそうと、夜の海岸に行きました。
事件が起こったのは、その後でした。 
火照った頬を撫でる海風が気持ちよく、都会では見られない星空に、少しいい気分になっていると、背後から話しかけられました。
振り向くと、浴衣姿の千夏さんがいて、
「もう少しいかがですか?」
と缶ビールを出しました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】妻を育てる3/4【他人妻】

ゴルフの景品として、青木さんとその得意先の3名に一晩貸し出された妻は、それまでとは違う性的興奮を体験し、そのことは妻の内面奥深くに影響を与えました。というのも、妻を抱く時に、「ゴルフの夜」のことを聞きただすと、明らかに激しい興奮を示すのです。性的興奮を受けている女性は、耳元で囁いた言葉に素直に反応するものです。ですから、バイブで妻をジラすように責め上げながら耳元で囁く様に問いただしてやるのです。
「あの日は興奮したんだろう?」
「…………」
「興奮しました、、、、、だろう?」
「興奮しました…」
「筆で嬲られた時はどうだった?」
「つらかった、、、、」
「でも、興奮したんだろう?」
「はい、、、、、、」
「骨の髄までか? そうなんだろう?」
「何も、考えられなかった、、、、、、」
「俺のことも考えなかったのか、、、、、、、」
「はい、、、考えられなかったの、、、、、 あぁ、ごめんなさい」
こんな感じです。そして、激しく昇りつめながら壮絶に果てていくのです。きっと、その日の夜のことを思い出しながら興奮しているのでしょう。
ただ、自宅での性交渉と言うものには色々な制約がつきものです。子供もいるし、所詮はマンション暮らしです。凄惨なまでの性的興奮を享受してしまった妻を、私とのかぎられた交渉で満たしてやることができているのかどうかということが、私の中で引っかかり続けていました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】28歳人妻と……  【他人妻】

今日の出来事です。暇だったのでテレクラで時間をつぶすことに。
 待つこと数分で電話が。好みではなかったのでパス。次は援助目的だったのでパス。
 3本目にかかったきた電話が28歳人妻のH。暇だったからかけてきたとのこと。
 まずは普通の話から入ることに。よくしゃべる明るくて楽しそうな女性でした。仕事のこと、ダンナのこと。。。
 ダンナの話が出たので話をエッチ方向に。するとダンナは年上で精力減退気味で1ヶ月半ご無沙汰だそうで。
 これはいける! と思い口説きモードに(笑)
「俺のは大きいよって言われてるから試してみる?」の言葉で彼女のオンナ心に火がついたらしく会いたいと。
 もちろん俺はOKし、待合場所へ。
 そこにはちょっと太めだけどかわいらしい女性が。28、しかもとても人妻には見えない。。。
 そそくさとホテルに入りまずはお風呂に
 お風呂でもいろいろ話して楽しめました。
 そして、いざベッドへ。
 俺のものにおもむろに手を伸ばしてくるH。触るなりあえぎ声を上げ「ほんとすごーい」と一言。
「もうすぐこれがHの中に入るんだよ」と言うと「想像しただけで体が熱くなっちゃった」と。
 触ってみるともうすでにトロトロ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年4月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】サヤカ【NTR】

<>92名前:サヤカ[sage]投稿日:2010/03/11(木)00:43:15ID:9KV3V2AiO<>
ちょっとスレ違いかも知れないんだが
友達の彼女の話
いまから15年くらい前
携帯電話がまだ普及する数年前だった
 
 
高校3年の時、俺の友達が女の子から告白された
俺達は男子校だったので彼女いる奴は少なかった
その友達もわりとかっこいいのだが女には縁がなかった
告白してきた女の子がえらく可愛い子だったので、その友達もメチャクチャ喜んでいた
その友達の名前はヒロキ
同じ部活の仲間であり、家も近いので毎日一緒に登下校している。一番仲のいい友達だ
ヒロキに告白してきた女の子の名前はサヤカちゃん
サヤカちゃんは俺達の1つ年下だちなみに俺の名前はヒデキ

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年4月1日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【人妻】山菜採りで起きた・・・【他人妻】

最近起きた、出来事を書きたいと思います。
私45歳、妻42歳は子育ても終わり、この時期になると山に山菜採りに出かけます。
初めは、休日に暇を持て余し、家でゴロゴロしていたんですが、TVを見て
山菜採りに出かけてみる事にしたんです。始めてみると結構面白く、妻共々ハマってしまいました。
我が家から車で20分位走った山道に車を止め、田んぼ道を進むと草木の多い茂った所に
山菜は生えていました。
私と妻はいつもの様に、2手に分かれ山菜を採り始めました。
夢中で採り続け、ふと気づけば2時間が過ぎようとしていて、私は妻と合流しようと辺りを探したんですが
見当たりませんでした。この辺の山は2人共良く把握しているので、迷う事は無いと思ったんですが、
心配になり、色々探して歩きました。
草木が多い茂った場所を出ると、小さな田んぼが幾つかあって、その奥にも林がありました。
私は、田んぼを超え林に入ろうとした時、女性の声が聞こえそっと近づいてみました。
笹竹を掻き分け、中に入って行くと、声が段々大きく聞こえました。
声の内容から、明らかに喘ぎ声で「駄目、そこ気持ちいい!!!」と感じている様でした。
私は興奮しながら、音を立てない様に最後の笹竹を掻き分け中を見ると、女性が四つん這いになり

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年3月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】基本に忠実【NTR】

「お兄ちゃん、起きて―――」
いつもの時間に、いつもの声がする。
麻由、俺の妹だ。
「あ―、おはよう…」
「うん、おはよう、お兄ちゃん、もう少しで朝ごはん、出来るからね」
家には両親がいない。親父の仕事で両親とも海外なのだ。
両親が渡航して以来、麻由は家の家事を全て引き受けている。
中々、責任感の強い妹だ。
俺達には2つの秘密がある。
一つは麻由は本当の妹ではない。
麻由はまだ幼い時に家にやった来た養子だ。
そしてもう一つ…
最近になり俺達は付き合い始めた。
麻由に告白された時は驚いたが俺も麻由の事がいつしか好きになっていた。
妹としてでは無く、1人の女として。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2014年3月30日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

このページの先頭へ