Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】私の日常【セフレ】

私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。
しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。
だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。
けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。
 彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり
言う今とはえらい違いですよ)。一方で、私にはとことん尽くしてくれます。エッチをしない時も私のショーツを降
ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで
何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。そして、彼のため
に何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。愛する人
のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。彼の身体の一部であるおち○ち○
が、とても愛おしく感じました。愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。
 彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しい
と思っていました。おち○ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けま
した。そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。彼に尽くせたうれしさと
一緒に夢中で飲み下しました。そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年3月17日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ゆきを虐めれ…【セフレ】

欲しがりで、ごめんなさい…

困った子だね…いきなり欲しいだなんて…
せっかく、見晴らしの良い部屋を取ったっていうのに
(服のボタンを外しながら豊かな胸の膨らみを見下ろして)
そんなに俺が恋しかったのかい?
(開いた胸元から腕を挿しこんでゆきの豊かな胸をぐっと指で掴んで)
(片手をゆきの肩に回し顔を近づけて…)
ほら…舌を出せよ、ゆき…
(低くゆきの耳元に囁いて)
たっぷりと…可愛がってやるよ、ふふ

はぁ…深一さん、ごめんなさいっ
(小さく口を開き、濡れた舌をゆっくり出す。深一さんを見上げてねだるように見つめる)

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年2月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】オナニー【セフレ】

私は35歳の主婦です、先月のとある土曜日高校の同窓会があり実家のある○○県に戻り、同窓会に出席しました、私は結婚して7年旦那、子供に恵まれ何の不満(夜の方も)も無く暮らしています、同窓会が終わり、仲良しだった女4で独身の子の家で飲みな直す事になり、彼女の家に行きました。
彼女の家に着くと、1人の友達が「今日は家に子供1人なの呼んでもいいかしら」てことで、皆が面識のある彼女の14歳の子供も呼んで5人でお酒やらジュース(子供には)を飲んで日常の会話を楽しんでいました。
すると1人の友達が下ネタ話を切り出しついつい下ネタ話に花が咲きそれぞれが夜の報告となり、私は結婚7年目でも週に3回は夜の行為があることを報告すると、皆から「まゆは遅咲きね、高校時代一番奥手だったのに、今では一番活発ネ」て皆から冷やかし半分羨ましがられ別の友達が「まゆには卒業旅行の時に借りがあるんだよ」言い出しました、そう卒業旅行の時皆で悪ふざけして、1人づつ服を脱いで見せ合いっこしたんだけど、私は自分の番のなる前に少しのお酒で気分が悪くなり私だけ脱がずにお開きに、(1人の子供がいる為、卒業旅行での行為は誰も口にせず)何か私を脱がせようと皆が盛り上がり、この場を押さえることはもはや不可能な状態に、何度か抵抗はしたもののもう手に負える状態ではありません、仕方なくここで少し脱ぐハメになり、来ていたワンピースを脱ぎ下着だけに、私の下着は旦那好みの少しエッチポイのが多く今日の下着もピンクのエッチポイのです皆から「キャーエッチな下着」て冷やかされ、終わろうとしたんですが、何してるの下着も取らなきゃ・・て言われブラを外し高校のときは小さめだった胸も、今では大きな膨らみがあり皆から「旦那さんにかなり揉まれたのネ」て冷やかされつつ「パンツも当然取っ手ネ」て1人の子供が居たので躊躇したのですが、その子も全然平然としており、仕方なく全裸に、35歳にもなって人前で(それも仲良し友達)で脱ぐなんてかなり抵抗があり、でも体はお酒の勢いもありかなり火照って、乳首は少し立ち気味で恥ずかしい部分は少し湿り気があり、皆に気付かれ無い様にと願ってたんですが、この家の友達は気付いていたのか奥の部屋から箱に入ったある物をそれは、この世の物とは思えないほど太いバイブでした、
1人の子が「美智子こんなに太いの使ってるの」て言い出し
美智子が使う姿を不意に想像してしまった私は、乳首はピンピンに立ち恥ずかしい部分は皆が気付くほど湿ってきたんです、友達の子供がいたずらにも「まゆさんこれで今からオナニーするの?」て意外な声が、私はわれに返り冷静になったんですが体は聞いてはくれません、ますます湿り気は抑えることが出来ず、ついに皆の前でオナニーショーを披露してしまったんです、翌日家に帰りなんか落ち込んでいたら、友達から1通のメールが「昨日のまゆのオナニー思い出し今から1人で楽しみます・・・」てそれを想像しながら私もまたオナニーをしてしまいました。(その時は誰にも見られずに)
でも、見られる快感は今でも忘れません、私て遅咲きなのかな???

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2015年2月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】頼むから 【NTR】

私40歳 会社員 同棲中の彼女も40歳。何となく結婚話が無いまま同棲もほぼ10年近い。
彼女は頭も良く、凄い美人でスタイルも良く(道を歩いていると誰もが振り向きます)、以前はそれなりに定期的な体の関係もあったのですが、近頃はご無沙汰です。でも拒否はされません。求めればする訳です。

ここ2年ぐらい前から彼女が急速にセクシーになってきました。そのフェロモンには圧倒されるほどです。
同棲して見慣れなければ凄まじい色気でしょう。

綺麗になる彼女を見て、悪い気はしませんので何とも思っておりませんでしたが、ある土曜日で仕事が休みで私は自宅に居りました。

彼女は友人とお出かけするといって午前中に出かけて行きました。ところがです!
一緒に出かけるハズの彼女の幼馴染の友人が、自宅を訪ねてきたのです。

まさか自宅で待ち合わせとは知らなかったため、彼女が勘違いして出かけてしまったと伝えると、わざとらしい返答。

実は会う約束はしてなかったのでは無いですか?と聴くと、友人はそんなことは無いと言い去っていきました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2015年2月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】親友or悪友【セフレ】

先月、親友のなつみと温泉に行きました。旅館に着くとすぐになつみが
「由恵、温泉に入ろうよ」
と言うので私達は温泉に行きました。脱衣所でなつみは堂々と服を脱いでい
きます。なつみはスッポンポンになると
「由恵、早く」
と振り向きました。
「アッ」
と思わず声を私は出していました。
「彼氏に剃られちゃった」
そうです。なつみのアソコはツルツルだったんです。一方の私は面積は狭い
けど生えている。
湯船に浸かりながら、剃られた経緯を聞きました。なつみは同姓の私から見
ても可愛い子で、いつも数人の男がいた。けど、しっかりした子でまわりに
振り回されることなく決まった彼氏がいた。なつみから告白して付き合った
彼氏でなんでも彼の言い成りだそうです。浮気防止のため、剃られたと言っ

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年2月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女愛美④【セフレ】

愛美13才④
既にCと少女が裸でベッドに横になっている。
カメラが移動し、二人の顔のアップになる。
Cが少女に顔を近づけていくと、少女は目をつむり、抵抗することなく、Cとキスを交わす。
Cが一度唇を離し、少女の目を見て、髪を撫でる。
Cが舌を出すと、少女も舌を出し、舌を絡めての濃厚なキス。
『んふ、んあ、んっ』クチュクチュと音をたてての長いキス。
それからCは少女の首筋から胸を優しく愛撫。
少女は目をつむり、ため息を漏らす。
『気持ちいいかい?愛美ちゃん』Cの問い掛けには返事はない。
Cは少女の性器を愛撫し始めると、少女は身をよじり、逃げようとする。
Cが敏感な部分を愛撫したとき、
『あっ!くぅ…』たまらず少女は控えめだが声をだした。
C『愛美ちゃん?声だしたいんだろ?いいんだよ、出して。もっと気持ちよくなる』Cはさらに愛撫を続ける。
『はあぁっ!』

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年2月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】青空の虜【セフレ】

第1話□夏休みの午後 ※
[1/3㌻]
——————————————————————————–
2年生の夏休みの午後1時。陽菜は、学校の最上階にある用具室に呼び出された。用具室とは名ばかりの物置で、使わなくなった机や椅子が雑然と積まれている。
薄暗い室内。自分を呼び出した同級生の美沙樹たち3人の姿はない。
仕方なく、「用具室につきましたけど」とメールを入れてみる。
返信メールの変わりに電話が鳴った。美沙樹からだ。
「あ、陽菜、そこで全裸になってー」
美沙樹の楽しげな声。うしろから笑い声が重なる。由香里と綾奈もいるに違いない。
「ここでですか?」
「そうそう。さっさと脱ぎなよ。わたしらが来るまでに全裸になってなかったら、洒落になんないよ?」
洒落になんないよ?は美沙樹の口癖だ。逆らえば、ひどい目にあわせる、と言っているだと経験でわかる。
「わかりました」
陽菜は、声を震わせながら、そう答える。
「全部脱いだら、電話してきな」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年2月12日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた3 【NTR】

ほんの些細なことがきっかけで知ってしまった、妻の浮気。しかも、相手が3人もいると知り、私は愕然とした。

優秀な探偵が撮影してくれた浮気の証拠動画は、想像の斜め上を行くものだった。息子の同級生を襲うように身体を交わす優香。それだけでも衝撃だったが、もう一人の浮気相手に、本気になってしまった優香が言った言葉は、聞きたくないものばかりだった……。

#8212;#8212;優香は、天馬特製のパンを食べたあと、服を脱ぎ始めた。そして、私の前では見せたことのないセクシーな下着姿になった。
紫というか、ボルドーワインみたいな色のブラとショーツに、ガーターベルトまでしている。

そして、ベッドに乗り、天馬を誘う。天馬の部屋は、リビングとベッドルームが繋がっていて、かなり大きめなワンルームみたいな感じだ。でも、見たところキッチンが見えないので、少なくてももう一部屋は別にあると思う。この部屋の家賃も、優香が払っているのだろうか? 信じて、自由に使えるお金を与えていたのは、間違いだったのだろうか?

『ねぇ、早くぅ#9825;』
優香は、私には一度も見せたことがないような、甘えた可愛い声で天馬を誘う。
「うん、ちょと待って」
天馬はスマホをいじりながら、そんな返事をする。下半身裸の天馬は、射精したせいもあると思うが、まったく勃起していない。
『イジワルしないで。もうこんなになってる……』

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年2月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】年上の男性【セフレ】

私 24歳 独身 女 身長151cm 上から88 55 80くらいかな。
35歳のSさんにメロメロにされてます☆
出会いは近所の本屋です。
私はちっこいので上のほうの本が届かず・・・
するとSさんが本を取ってくれて「コレ?」と渡してくれました。
私はちっこいせいか背の高い人にいつも憧れちゃうんです。
私はSさんにお礼をいい 本を買って帰りました。

数日後 偶然近くの公園のベンチに座っているSさんを発見!
私「先日はどうもありがとうございました! 私 見ての通りちっこいから・・」と言うと、
Sさんは「あれ? どこかで会ったっけ? 」とそっけない返事。  えぇぇえぇぇえぇーーーーーーーーーーーーーー!?!
私のことは忘れてるんだきっと・・・ そりゃそうか? って思った。

するとSさんが「あっ? 本屋で・・ 会ったなぁ。そういえば。悪い悪い。忘れてた。」と。  悲しぃぃぃ・・
私は見た目とかもけっこう好みだったので、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年2月8日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】叔父さん2【セフレ】

正月に親戚が訪れるなか叔父は夫婦で家にきました
私はおばちゃんもいるなら、と挨拶にいきました
二人は挨拶をすませると私にお年玉をわたしお母さんとお父さんと話していました
私が部屋に戻ってしばらくすると叔父が私の部屋にやってきました
叔父は「あれからオナニーしてるかい?ちょこっとオナニーしてみせて」と言ってきて私は焦りました
私はベッドの下からローターを出しオナニーしはじめましたが
「お母さんこないよね?」と何度も確認しました
私がローターだけでオナニーしていると「バイブはどこ?」と叔父が聞いてきました
わたしは「机のなか」と答えると机に向かってるときだけオナニーしてると勘違いしたのか「そうかそうか」と、うなずきながらなっとくしていました

私がクリトリスでばかりオナニーしてるのに物足りなかったのか
叔父は指をなめると「バイブの代わりだ」といってお尻にいれてきました
私はすぐ下に両親がいるのでばれたら恥ずかしいのとお尻に指を入れられてる恥ずかしさでいっぱいでした
叔父はお尻の中を指でかき混ぜると一度指を抜き匂いをかいでいました
「うんちはついてないけどまだお尻でオナニーあんまりしてないね

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年2月5日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ