Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】処女なのに初めて中出し、二連発~家庭教師と生徒のチカちゃん~【セフレ】

俺が大学の時にしていたバイトの家庭教師の話をする。
当時、所属していたカテキョでは見ていた生徒は入れ替えもあり通算で計6人いたんだが
最後に担当した女子生徒(高校1年)が、とても可愛いくて今まで見てきた生徒とは違う印象を抱いた。
こんなこと言っちゃエコヒイキになるだろうが、とにかく熱を入れて俺も勉強を教えて、鞭撻したよ。
その少女、仮にチカちゃんとするが、勉強もそこそこできるが、休憩の時間にする話も弾んで
ジェネレーションギャップを感じないような 楽しい時間を過ごす事ができたんだ。
順調に担当から3ヶ月が過ぎた頃、彼女からある相談を受けた。
それこそいつも話すような何気ない会話だったんだろう。彼女にとっては。
それは年頃の女の子同士なら誰でも話しているような内容だったが
「先生の初恋はいつだった?」とか「先生って彼女はいるの?」っていう物だ。
俺は付き合っている子はいなかったし、人数だって多い方じゃない。
答えられる程度は答えたが、年上の男性の話ということでやはり興味があったんだろう
熱心に話を聞いていた。
黒く柔らかな髪がすぐ近くにあって、さわり心地がよさそうだったのを覚えてる。
チカちゃんは「友達に彼氏ができたんだけれど、私は付き合ったことがないので、どんな感じなのか分からない」と困ったように笑った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年9月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】片想いの人とした人生で一番気持ち良いセックス 2 【セフレ】

前回↓

11

「で、その相手とは上手くいってるのか?」

恵理はそれに対して少しの間考える素振りをした後、俯き加減で首を横に振った。

「え、そうなの、なんで?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年9月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】プールでイタヅラ!【セフレ】

あんまり暑いから、プールに行くか!って、近所のガキに話してたら、家の人も付いてくるって言うんで、良いですよ〜
軽く返事をして、家族ぐるみでの小旅行か!
まあ、ガキしか連れて行かなくても、プールに入れる状態があれば、怪しまれないからね。
着替えてプールへ行き、流水プールでプカプカ〜
ターゲットの子を探してっ!
流水で吹き出してる場所で流されたふりして、うしろから、股間に手をサッといれ、あそこを触る。
プニ〜とするあそこ!
彼女達は触られても遊びに夢中だから知らん顔してる
ちょっと高学年や、中学生とかも居たから、ターゲットにして触った。
一年生以下はチクるから、やめて、四年生とか少しオッパイの膨らみかけてる子を狙って、しかも、友達と二人居る子がベスト!
流されるまま、触りまくるお母さんとかも触ったけどね。お尻とか胸とか(>_< )当たってすいませんって言うと何気に、どうもって言われるだけやし
胸も膨らんでる、中学生の子をターゲットにして、股間ゲット!
プニプニを味わってたら、なにも反応しないし、壁に捕まって止まって、数分間触ってあげた。
さすがに、それ以上は出来ないかな?と、思ったけど、聞いてみた。
続きしない?

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2015年8月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【セフレ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年8月16日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気】GWにお義母さんとセクス三昧 【不倫】

<>1:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:27:32.53ID:VN9iKYhD0.net<>

GWにお義母さんとセクロス三昧

口で1発含み5発もやってしまった
それも57のBBA

<>2:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:29:51.45ID:f7JtkcAK0.net<>

母を!

<>4:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2015/07/03(金)07:34:07.03ID:VN9iKYhD0.net<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年8月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【友達】風習【セフレ】

  僕が初体験をしたのは二十歳の時で、そのころ家庭の事情で遠縁の親戚の家で預かってもらわれていたときのことです。
 海に囲まれた島で携帯も通じないようないなかでした。
 そこで家事を手伝いながら渡し舟にのって大学受験の為の塾などに行ってました。
 体が生まれつき弱かったので学校も休むこともあり高校も遅れて卒業しました。
 ここに来てから半年も経たないうちに初体験をしたのですが、その場所は山の中腹にある神様を祭る古い神殿でした。
 この村では山と海の収穫を祝う祭りがあるのですが、その中で神様から恵みを貰ったお礼として人間が神様にお礼として、子孫を繁栄しますという誓いをするのです。
 その誓いというのは神殿にある上座と像の前で実際に子供を作る行為をするものなのです。
 それに選ばれるのは神様の前に新たな生殖を行うものを捧げるという意味で、思春期の(私の場合は違いますが、順番で回ってくるので村の中学生や高校生)童貞の男子と処女の女子(村の子供はみんな)です。
 選ばれた男子と女子が皆の前ですっぽんぽんになって、今までおちんちん・おめんめんと呼んでいたものを生殖器にして結合するのです。
 その祭りの儀式で僕は初体験をしました(儀式なので初体験といえるかは分からないのですが)。
 村での儀式は15年ぶりだったとのことで、村の長老や大人は大変喜んでいたみたいであった。満足していた様子。
 それはこの儀式をしないことで、死人が多かったり作物が育たなかったりして影響があったと考えているからだ。
 でも少子高齢化の典型的な村であり思春期の子供は村にいない状況なのでなかなか出来なかったとのこと。他にはその行為に関してですが、神様の前で今まで生殖行為をしていなかったものを新たにさせることで神様の目の前で子孫繁栄の誓いをするわけなので、男の子のおちんちんにかぶせ物をすることはできないのです。
(僕もピンク色の亀頭丸出しのまま女の子の穴が上から下りてくるのを待っていました)
 ということは十代の女子が孕む可能性がある為(実際に孕んだ15・16の女子多数)、女子の親が嫌がって村から逃げることもあったそうで、なかなか儀式を行うのも苦労するわけです

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2015年7月31日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】半熟成卵巣【セフレ】

「♪〜本日は、快適天気ですね それでは只今より 春祭りを開催します・・・」
舞台アナウンスが高々と響く 俺は目を擦りながら目覚めた
「ふぁ〜眠いなぁ 何だ? 朝早くから・・そうか 今日は公園で春祭りか」
俺はTシャツと短パンと気軽の格好で歩いて公園へ祭りを見に行った
舞台ではカラオケ・エアロビクス・琴演奏・踊りと華やかに行われていた
俺は芝の上に座り舞台を見ていたら犬猿仲の隣近所の旦那が話し掛けてきた
「お隣さんじゃないですか まぁ ビールでもどうですか」
俺は缶ビールを飲みながら 嫌な奴が来たなと思いつつ無言した
「娘の裕子(仮名)がエアロビクスを遣っていて今から踊るですよ」
俺は早くどこかへ行かないかなと思いながら無言を続けた
「ところで お隣さんよ 会社が倒産したって・・今から大変ですね」と
ニヤリと薄笑いしながら言う
一番気にしている事を言われた俺は旦那を睨みつけながら
「まぁ 黒字倒産ですからね ところで 娘の裕子ちゃん(仮名)は
お父さんとお母さん似て子豚ですね わっはははははっ」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年7月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】明美【セフレ】

高校3年になってすぐ、1年下の明美に告白され特に好きな人がいるわけでもなかったので付き合うことにした。
映画観たりご飯を食べたりゲーセンで遊んだりが僕らのデートだったが、二ヵ月も過ぎると僕は時々明美の家を訪れるようになっていた。
お母さんは娘に彼氏ができたと歓迎してくれたが、お父さんは明らかに不機嫌そうな顔をしていたので、気が重かった。
明美も察してくれてなるべくお父さんがいない時に誘ってくれて、そんな気遣いが僕には妙に嬉しかったりした。
僕たちはたいがいテーブルに並んで座りベットを背もたれにしていた。
お母さんがお茶を出してくれた時に「まぁ、仲のいいこと」と笑い「買い物に出かけるからよろしくね」と言い外出した。
家には僕たちだけになった。その日初めて僕たちはキスをした。明美の肩を抱き寄せ唇を重ねただけの軽いキスだった。
その日以来デート場所は明美の家になり、家族の目を気にしながら行為は段々とエスカレートしていった。
キスをしながら明美の胸に手を伸ばした。制服の上からだと膨らみが感じる程度だった。
もっと感じたくて知らないうちに力が入っていたようで「痛い」と叫んだ。「ゴメン」と誤りながらボタンを外し始めた。
明美はじっと僕の手元を見つめていた。上着、ベスト、ブラウスと脱がしていき、キャミソールをたくし上げてブラに到着した。
僕は再びブラの上から胸を揉んだ。揉んでいるうちにブラがずれてきて下の膨らみから段々と生のオッパイが現われてきた。
思い切って一気にブラを上にずらした。ピチピチに張った胸が現われた。
真ん中より少し下に干し葡萄のような小さな乳首がツンとして付いていた。明美は耳まで真っ赤にして俯いていた。
手を伸ばして指先が触れた途端に「ふぅっ」と鼻息を洩らして肩をびくつかせた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年7月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】誰も言えない…(続き)【セフレ】

私は父に胸とアソコを同時にいじられ、体とアゴをガクガクさせてました。
私は男性経験ないしエッチなんてした事なかったからとても怖くて…初エッチが父親なんて嫌でした。
学校でエッチな話はした事あるけど何か違う。
私は父を見ないように必死に目を閉じて我慢してました。
父は突然腰を少し上げたと思ったら、ズボンから大きくなったおちんちんを出しました。私の手を掴み自分のおちんちんを握らせ上下に動かしてました。
父は無言で「はぁはぁはぁ…」と興奮して、私の胸やアソコをいじり回し、激しく私の頭を撫でました。
握らされた父のおちんちんが私の顔にペタペタ当たります。
父が一言「気持ちいいか?目を開けて見てみろ。」と言ったので少し目を開けました。目の前に大きく血管の浮き出た父のおちんちんがありました。
本当におちんちんは松茸みたいで、ヒクヒク動いていて…私は恥ずかしくて目をそらしたと思います。
父は「見てろ!お前はまだ見た事ないだろ?これは何て名前だ?」と質問してきたので、私は「おちんちん」と答えました。
父「そうだ!チンポだよ。」私「知ってるけど…」
父「お母さんには内緒にしろな。お前がこんな格好で寝てるからいけない。」
私「何で?」と言いました。父は血管の浮き出たおちんちんの先端を私の目の前に見せてきました。
父「チンポの割れ目から液体が出てるの見えるか?」
私「出てるよ。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2015年7月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】白人少女【セフレ】

白人少女削除依頼
1: 投稿者:BB 2008/01/16 06:19:59(uLLmRPSh)
投稿削除

知り合いの外国人、やっぱ進んでるよ…。洋画で主人公の娘として
出てきそうな(?)14歳の白人少女と仲良くなったんだけど、
ある日酒飲んでたら一緒に飲ませろって言うから仕方なく飲ませると、
どんどん会話は下の方へ。。。ま、持ってったんだけど。
実は経験ありで、お父さんの知り合いだったらしい。部屋に呼ばれ、
「○○はもう大人だから、大人の遊びを教えてあげるよ」とか言われて、
お父さんが出て行った後、おじさんに開発されたんだってさ。
今では痛くなくなったって言ってて、ちょっとやりたい時もあるって
言うから、すぐに「じゃあしよう」と言ってベッドへ。いつも思って
たけど白人の肌は真っ白。ホントきれいで、舐め甲斐がある。
もちろんパイパンだった。ペロンペロン舐めて、ヨガリまくる少女に

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2015年7月15日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ