Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【修羅場】ガチキチ嫁【絶望】

668名前:名無しさん@HOME 投稿日:2007/10/24(水)22:56:460
嫁が出て行った……。部屋が広い。

トメの言うことが正しいと言うことが刷り込まれてる様子の嫁。
例えると、ある日嫁が「猫が飼いたい!」と言い出す。俺は動物は好きだがペットとして飼うのは絶対に嫌だ、と言う意見。
二人で話し合い、嫁にも納得して貰った上でその話はお流れになった。すると翌日、会社から帰ると何故かトメが居て
「貴方ね、娘(嫁)が家の仕事をシッカリとこなしてくれているから働いていられるのよ。ペット飼うぐらい許しなさい!」
と一喝。横でそーだそーだと相槌を打つ嫁。再び長い長い話し合いをすることに……。

更に例を上げると、嫁が「今度の旅行にお母さんも連れてっていい?」と言い出す。ウトが鬼籍に入って寂しいのは判るがゴメン被りたい。
再び話し合いをして、やはり旅行は二人で行こう、と言うことに。ほっとひと息着いたら次の日帰ってくるとやっぱりトメが居て
「私だけ仲間はずれにするつもり!」
とふじこるふじこる。ここに挙げた例の他にもこうやってトメが口を出してくることが山ほどありブチ切れてつい感情的になって怒ってしまった。
そしたら嫁とトメが仲良く出てったよ。アッハッハハッハハッハハッハハッハ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||

2014年3月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【友達】保護?カモネギ?【セフレ】

外出から帰ってきて玄関を開けようと鍵を探していると植え込みから微かに啜り泣く声が聞こえ、よく見ると年は10歳位だろうか…長い黒髪の裸の女の子がドロだらけで蹲っていた。
「ねぇお嬢ちゃん?どうしたの?」
極力優しく声をかけると少女はビクッと肩を震わせ怯える様にこちらを見た
「大丈夫よく見て?お兄さん君に痛い事とかした人じゃないよね?ね?どうしてそこに居るのかな?お兄さんに教えてくれるかな?」
すると少女は大粒の涙を零して嗚咽しはじめた
「あぁ〜…じゃぁまず体のドロ落とそうか!おいで、お風呂はいろ?」
少女を抱っこして家に入った
風呂場に直行し温めのシャワーでドロを流す
「ほら、手をどけて?ちゃんと洗えないから…ね?恥ずかしいかもしれないけどちゃんと洗わないとバイキン入っちゃうから」
胸て股間を押さえて離さない少女を優しく言い聞かせて手を離させる…ドロを流すと少し膨らんだおっぱいとツルツルのマンコが表れ少女は顔を真っ赤にしている。
それよりも、明らかに大人の力で付けられた痣が多数あり、酷い虐待の姿が目に見えた。
極力痛くない様体を洗い湯槽に浸からせ一度脱衣所に戻り服を脱いで風呂場に戻った
「お兄さんも一緒に入っていいかな?」
恥ずかしそうに俯きながらコクリと縦に振ってくれたので体をサッと洗い流し少女を膝に乗せて湯槽に浸かってもう一度聞いた
「どうしてお兄さんの家の庭で蹲っていたのか教えてくれるかな?」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2014年3月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【修羅場】夏が来ると思い出す、元上司の結婚式【絶望】

380:愛と死の名無しさん2010/06/0415:14:33

夏が来ると思い出す、元上司の結婚式

50過ぎてサッカーオッサンだったバツイチ上司が
子ども会のサッカー(みたいな奴)で知り合った母子家庭のお母さんと結婚が決まった。
いい年して頭がお花畑だったのか虫が湧いたのか
「二人の思い出の場所」ということで、挙式と披露宴は
市内の端っこにある、いつも上司所属のサッカーチームが練習しているサッカー場
しかも、山の中腹にある公園の側

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2014年3月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【友達】昔の彼女がAV女優に まとめ【セフレ】

前もって言っておくが、全くエロくもない内容です。
それでも誰かに言いたくて仕方がないんで聞いて下さい。
でも勝手な言い分ですが、誰なのかとかは勘弁して下さい。
2週間ちょい前、昼過ぎに友達から電話がありました。
お互いサラリーマンなので、昼間に電話なんて滅多にないです。
だから何かあったのかと思い電話に出ると、友達が言ったんです。
「お前が付き合ってた愛ちゃんていただろ?あの子AV出てるぞ!」
愛ってのはもちろん仮名です。
「は?何言ってんだ?お前」
「マジマジ!昨日レンタルに行ったらあったんだよ」
「それってただ似てるだけだろ?」
「俺もそう思ったんだけど、思わず借りちゃってさ。見たらマジだった」
「・・・マジで?」
「マジマジ。喋り方も声もあのまんまだったし」
「マジかよ・・」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年3月27日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】おじいちゃんの元気【セフレ】

由理香は17歳の女子高生です! 由理香のお母さんは、一人暮らしのお年寄のホームケアのお仕事をしているの。
 ある日、お母さんが急用で、「お小遣いはずむから、どうしても・・・」と頼まれて、由理香が71歳の上田さん宅のおじいちゃん家へ代わりに行ってほしいとたのまれ、由理香もお小遣い目当てで、予定も無かったし、簡単な、家事をするだけだと言われたので、引き受けたのね。
 それで、前もってお母さんに上田さん家に連絡を入れてもらっていたので、お邪魔して、掃除とか、してから、おじいちゃんが「若いのに、お母さんのお手伝いとは、感心だねぇ〜。おじいちゃん、若い人と話するんのが大好きなんじゃ。しばらく由理香ちゃんが相手してくれると嬉しいんだけど・・・。」
 というから、「それくらい、いいヨ^^」と、しばらくは、学校の話なんかしてたんだけど・・・、イキナリおじいちゃんったら「ワシはもう、生い先も短い・・・。誠に申し訳無いんじゃが、冥土のみやげに若い人の体が見たいんじゃが・・・・駄目だろうか・・・。」と、淋しそうに言うので、由理香、なんだか可哀想になってきちゃって、「うん!いいヨ・・・。恥かしいけど・・・それで、おじいちゃんが、喜んで元気になるなら・・・。でも、見るだけネ!」と、ブラと、パンティだけの姿になって、見せてあげたの。
 そしたら「由理香ちゃん、その、可愛らしいオッパイも、見せてほしいんじゃが・・・。」というから、恥かしかったけど、ブラも外して見せてあげたの。
「おぉ〜〜! 見事なオッパイじゃ! 最近の女子高生は発育がいいんじゃのぉ〜!」と言って、凄く喜んでくれて、「スマンが、少しここに横になって、ヨク見せてほしいんじゃが。」というから、由理香、横になって見せてあげたの・・・。
 そしたら今度はおじいちゃんったら「由理香ちゃん、ほんの少し触らせてもらってもいいかのぉ〜?」って。
 由理香も、おじいちゃんがアンマリ喜ぶから、少しくらいいいっかぁ〜・・・。って思って、OKの変わりに目を閉じたの・・。「おぉ〜〜アリガタイ!アリガタイ!」って、おじいちゃんが、少しザラザラしたシワクチャの手で、Dカップの由理香のオッパイを、モミモミして、最初は遠慮がちだったのに、段々と大胆に、乳首もクリクリしたり、摘んだり・・・。買い なんだか由理香、段々と気持ち良くなってきちゃって、イヤがらずにそのまま目をつむってたの。
 そしたらヌルッって感触がして、目を開けたら、おじいちゃんが、舌で、乳首をナメナメしだして・・・、「おじいちゃん!駄目ぇ〜〜」って言ったんだけど・・・体は気持ち良くて、動けないの・・・。
 由理香のオッパイはおじいちゃんのされるがままになっちゃって、チュパチュパ・・・クリクリ・・レロレロ・・・。
 由理香、いつのまにか自然に声が出ちゃって、「あぁ〜〜・・・・あ、あ、あ・・・・。」って。
 おじいちゃんが、「由理香ちゃん、ご褒美に、気持ち良くなってもらわなくちゃなぁ〜〜・・・。」って、今度は、パンティの中に手を入れてきて、「そこは、絶対ダメだよ〜おじいちゃん・・・」って、濡れ濡れになってるの自分でも解ってたから、恥かしくって・・・・。
 でも、「あれッ!? 由理香ちゃん・・・お汁がこんなにも出とるぞ」とおじいちゃんに言われて・・・恥かしかった気持ちより、もっと・・・って気持ちになっちゃって・・・。
 パンティ下ろされて、オマンコ、なでなで・・・クチュクチュ・・・・。それから、足を開かされて、おじいちゃんの頭は、由理香のオマタの中・・・。レロレロ・・ちゅパチュパ・・・・クリチャンも皮をむかれて・・・・レロレロされちゃって・・・由理香タマらなくって「あぁ〜〜〜んん!あ〜〜ん・・・・」って凄く大きな声あげちゃって。
 おじいちゃんの顔に、知らず知らずオマンコぐいぐい押し当ててるの。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2014年3月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【修羅場】結婚直前【絶望】

<>128:恋人は名無しさん:2007/08/05(日)00:46:24ID:eLxsgk4B0<>
修羅場になりそうなんだが…
ここって実況おkだったっけ?

<>130:恋人は名無しさん:2007/08/05(日)00:48:57ID:lWbtDSyL0<>
よしこい

<>133:恋人は名無しさん:2007/08/05(日)01:00:36ID:PM435qIr0<>
128
で、どうなったんだーーー!

<>137:128:2007/08/05(日)01:15:02ID:eLxsgk4B0<>

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年3月25日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【浮気】息子の友達と【不倫】

  私は42歳です。25歳の時、結婚して1年後に長男のススムが産まれました。ススムは今高校1年生。
 私は今、ススムの同級生ケンイチと不倫関係にあります……
 6月ごろでした。
 その日は朝から横浜に買い物に出掛け自宅近くの駅に着くと雨が降り出していて傘をもってない私は濡れながら家に着きました。
 家に帰ると玄関に3~4人くらいの靴が散乱しているのでススムの友達が来ているのだと分かりました。2階に上がるとにぎやかな声が聞こえたので「ススム~帰ったわよ」と言ってドアーを開けると、あわてて何かを隠すような動き……
 ススムも他の子達もはあわてて「お帰り」「おじゃましてます~」なんていいながらなにやらもぞもぞとしてました。
 私は「いらっしゃい」と声をかけ下にいきました。たぶんエッチな本でも見ていたんだとおもいます。
 私は雨の中、傘もささないで帰ってきたのでびしょ濡れだったためシャワーを浴び、着替えしてからコーヒーと菓子をもってススムの部屋の前まで行くと「お前のかぁちゃん美人だなぁ~」
「そうか~。もうババァだぜ」
 ススムの奴めと思いながら「ババァで悪かったわねぇ~。せっかくコーヒー持ってきたのにぃ」と言いながら部屋に入りました。
「やべぇっ聞こえちゃった」
「聞こえました」と言いながらドンと菓子を置くと、「おばさん美人ですね」とケンイチが言ってくれました。
「そんなフォローはいいわよ~」と捨て台詞を吐きながらそそくさと1階へ行きました。
 どうやら雨で部活が休みとなり皆で集まったようでした。
 はじめてケンイチと会ったのはその時でした。まさかこんな関係になるなんて……

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年3月24日 | エッチな告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】「君のお母さんは、私が戴いたよ。」 【NTR】

「君のお母さんは、私が戴いたよ。」

父の一周忌が終わった日、親族関係者が帰った後も、
最後まで残っていた部外者の男に、突然話を投げつけられた。
なんだこの男は? 一体何のことを言っているんだ?
僕はいきなりのことに、言葉の意味が理解出来なかった。

「亡くなったお父さんには申し訳ないけど、由紀子はもう私の女なんだ。」
父が亡くなってまだ1年だと言うのに、僕の母を由紀子と呼び捨てにし、
あげくの果てに俺の女だと言われて、ようやく事の重大性に気付いた。
「私のことを見たことはあるだろう? まだ入院している時の病院でも会ったことがあるし、
 お父さんの葬儀の時や、49日の時にも会っているはずだ。」
確かにじっくり見てみると、見たことがあるような気もする。
「自己紹介をしておくと、私は君のお父さんの上司だった・・・生きていた時のね。
 亡くなってからのいろんな手続きや、残務処理のために、こちらに何度かおじゃましてるんだ。」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2014年3月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【友達】隣の少女の友達①【セフレ】

ディズニーランドから帰ってきた日の夜、佳純ちゃんと母親が訪ねてきた。
「今日はありがとうございました」頭を下げる母親。佳純ちゃんはベソをかいて、俯いている。
ははあん。お土産の事で叱られたんだな?
「加藤さん、お土産まで、しかも佳純の友達のまで買っていただいたとか…本当に申し訳ないですわ…」
「いやいや、真実ちゃんにも買ってあげましたから」
「ほんとに、もう!佳純にはお友達全員にまとめて何かあげなさいといったんですけれど…」
「グス…だってぇ…みんながあれ欲しいとかこれ欲しいとかいうからぁ…グス」
「だからって、約束するんじゃありません!」
「うぇーん…」
「まあまあ、お母さん。今回はいいじゃありませんか?佳純ちゃん、嬉しかったんですよ」
「何から何まですみません。ほら、ちゃんとお礼いいなさい!」
確かに、ナニからナニまでですね。
佳純ちゃんは泣きながらペコッと頭を下げた。
その後、佳純ちゃんからメールが。
シンちゃん、ごめんなさいー。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年3月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】まだ続々々・隣の少女【セフレ】

水曜日。イレギュラーで火曜日にジジイが佳純ちゃんを抱いたので、初?ジジイのすぐ後に佳純ちゃんとエッチできる。
しかし、ジジイのエロテクに、昔のバイブ(張型)による攻めはたまんないだろうなぁ。
昼過ぎまで寝て、起きると、佳純ちゃんからメールが。
今学校終わったから、急いでシンさん家いきます!
カスミ。
だそうです。
明日も休みだし、ジジイも来ないだろうし、佳純ちゃんとやりまくるか!ムフ。コンコン。
「どうぞー」
「シンさん!来たよー」
佳純ちゃんがニコニコ顔で入ってきた。
「佳純ちゃん、やけに嬉しそうだね?」
「えへへー」佳純ちゃんが俺に抱き着いてくる。
なんだ?どうしたんですか?いきなりやりますか?
「どうしたの?」
「友達がね、シンさんカッコイイって!」

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||

2014年3月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ