Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】快感 5【セフレ】

お風呂もいろいろあるでしょ?
硫黄とか薬とかね。
何度も出たり入ったりするからハダカ。
そのまま帰る時もあるよ。
車だしね。

お母さんも小さい頃ハダカで遊んでたみたいよ。
だからアタシもそうしたのかな?
お母さんはだかはよくあるしパンツもはいてない。
生理はしょうがなけいけど。
毛もほとんどないし。
そう言えばアタシ小さい頃店の中すっぱだかで動きまわってたの覚えてる。
お母さんの目の届く範囲だからね。
歩くようになるとお散歩とか買い物に行ったわ。
ワンピースとかでね。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2015年3月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【マニア】「大島優子さんのウニが食べたいです」 【スカトロ】

某寿司チェーン店に勤めています。
半年以上前くらい前から土日にずっと来店されるお客様がいて
いつも3歳くらいの子供と一緒に来店される男性でした。

私はBOX席への案内、会計レジ、食事後の「おあいそ」で寿司皿の枚数を数えたり、片付けの係を主にずっとやっています。

その男性と仲良く話せるくらいまで親しくなり、そのお子さんとも仲良く話せるようになりました。

30歳台くらいで、たぶんバツイチなのかなー、とずっと思っていて、お子さんに「お母さんはー?」と聞くと結果はやっぱりそうでした。

あの有名人の人と同姓同名なので、この男性から「この店のセンターは君だね。店一番の推しメンだわー、目もキリリとしてかわいいし。」とお褒めのお言葉をいただきましたw

この男性から食事を誘われたりしたころ、

この男性から「大島優子さんのウニが食べたいですw」と言われて、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2015年3月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:マニア・スカトロの体験談

【友達】康子【セフレ】

<泰子>
泰子です。
露出オナニーや露出散歩はもう、わたしのライフワークになりつつあります。
夏休み中は、毎日って言ってよいほど楽しんでいました。
でも、友達が遊びに来たりして、露出できないときは、本当にイライラしちゃいます。
アイドルの話や、ファッションの話なんて、わたしにはどうでもいい事。
早く帰ってくれないかなぁなんて、思っちゃったりしていました。
それに女の子は話が長くて・・・
友達の話や、将来の話、なんてされても・・・
たまに興味のある話になって、話し込んだりしますが、
他人の相談事なんてうわの空です。  
(わたしには、気持ちいいオナニーのほうが大事なの!)
でも、相談事を聞いている振りしていても、結構、友達受けがよくて、
自分でも訳分からなくなっていました。
その、どうでもいいやって態度が、いさぎよくって、一刀両断的にアドバイスして

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年3月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ええ!? 【セフレ】

どうも。初登校(違)でつ。萎えるようでしたら一言くださいまし〜。では…

それは、小学校の時の話。
ある日、仲良しの里美と帰ってるといきなり「ねぇ、私の胸大きくなってきたの。触って。」と言われました。そのとき、小6とお年頃だった(笑)僕は、照れて「はぁ?」と苦笑いを見せました。そしたら「冗談じゃないよぉ。もう。」といってふくれてしまいました。僕は、ちょっと気を悪くしたのかな?と思い、「ごめんごめん」と言い「どうすればいい?」と聞くと、「久しぶりに家に来てよ」と言われました。そこで、僕は行きました。

久しぶりの里美の家。親とかは皆、出かけてるらしく何だか妙にHな空気が流れてました。そして「待ってて。」といって二階に上がって行きました。しばらくすると「ちょっと来て。」と二階から言われました。恐る恐る行ってみると、里美が自分の部屋にいました。そして「じゃあ私の胸触ってみて」といわれました。そして…

——————————————————————————–

Re:ええ!? ごたま-2003/08/07(Thu)21:21No.622

我慢できるはずもない僕が、勃ったモノを抱えながら部屋に入った。「じゃあ…」というと、Tシャツを脱ぎブラジャーに包まれた胸をさらけ出した。僕は生唾を飲み込んだ。発達途中のはずなのに結構、大きい。僕のモノは、益々大きくなるばかり。

「じゃ、どうぞ。」そう言われた僕はあわてながらも、しっかりと胸に手をあて、じっくりともみ始めた。寸秒も経たないうちに里美は感じてきたようで「あ…は、う…」と声を上げ始めた。もちろんおれのモノはやっぱりぎんぎんになっていく。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2015年3月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あの男の子、ちょっと可哀想【セフレ】

いつか行ってみようと思ってた、近くの温泉街の健康ランドに行きました。
平日ですいてて、入浴客は5、6人くらいでした。
その日は小学4、5年生くらいの男の子が一人、女湯によくあることです。
大切なところ全然隠さないで、内湯と露天風呂を行ったり来たり、
無邪気にはしゃいでて、かわいらしいって思って見てました。
男の子はお母さんの左に並んで座って、スタッフさんに背中を洗ってもらってました。
3人で親しそうにお話ししてました。
私はその左横に一つ置いて座って、体を洗いました。
洗髪しながら、右のほうに顔を向けたときでした。
男の子がスタッフさんに後ろから抱えられるような格好になってました。
その格好でじっとしてて、なんか変でした。
スタッフさんが、とてもやさしい声で
 「動かないでねえ」
 「声出さないでねえ」
男の子にそう言ってるのが、何度か聞こえました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2015年3月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】和歌山のおばあちゃんの墓参り【セフレ】

というわけで昔の話を聞いてくれ。
15,6年前に友達の会社の、先輩後輩のなんてつながりで男女6〜7人で
よく旅行に行ってた。で、漏れともう一人、友達の会社の後輩(♀)が
バイクにハマッててスキー以外はどこに行くにもバイクだった。
ある秋の3連休の前2日で奈良の奥のほうに紅葉&温泉に行った。
他の連中は車だったり、転勤で別の場所から電車で来たりで現地集合。
現地ではまあ楽しく遊んで、最終日に朝飯食って、ダラダラしてた。
車&電車組はもう少しその辺りを見ていくという事になったが
その後輩のコが言いだした。
「実は、父親の実家が和歌山の**(地名忘れた)にあって、おばあちゃんは
 もう10年くらい前に亡くなってるんだけどすごく可愛がってもらってたのに
 全然行ってないからお墓参りに行きたいんです」
地図で確認すると和歌山。ここからもかなり遠い。
さらにそこから家のある名古屋圏にも結構もどりずらそう。
ただ若いってのはちょっとムリしたいお年頃ってことで行くことにした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2015年3月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】童貞君と【セフレ】

  K君と付き合い始めた頃の体験です。友人の弟(D)の家庭教師をすることになりました。高校2年生の男の子でカワイイ。
 勉強し始めたけれど、私に「Mは彼氏いるの?」とか勉強以外の質問をしてきたりしましたが、ちゃんと家庭教師してきました。
 何回かしたある日、Dの家を訪ねるとお母さんが出てDはまだ眼医者から帰って来ないけど部屋で待っててと言われたので、部屋に入るとごみ箱にはティッシュの山で……。
 本棚には隠すようにHな本があり、見てみると…、裸の女性が色んなポーズやSexをしてる写真がありました。
 やっぱり男の子だと思いました。
 Dが帰ってきて、勉強を始めると、お母さんがジュースをとお菓子をもってきてくれました。
「これからお婆ちゃんの家に行く」と出掛けて行きました。
 休んでいて私が「何か悩み事ある?」と聞くとDは「Mが気になる」と言いました。
「も~何言ってんの~?」と冗談だととると、「Mのお尻が気になる、胸も…」と顔を赤くして言いました。
「今まではエロ本見て一人Hしてたけど、今はMを想像して……」
 そんなDを見て私は可愛そうになってしまい、「童貞卒業する?」と聞きました。
 Dは驚いた様子だけど頷きました。
 二人でベットに座り、キスを私からします。
「ちゃんと絡めて」とDにDキスを教えました。
 お互いの服を脱がし下着だけになりました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2015年3月7日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】やりきれるの? 縦セタママとためちゃう息子 【背徳感】

康太のズボンの上から、そのいきり立ったペニスを触る白い指。康太はまだ一年で、思春期の扉を開けたばかりの彼は、やっと毛も生えそろってきたというところだった。

そんな康太のペニスを優しく触りながら、
『最近してないでしょ? また、ためちゃわない?』
と、優しい笑みを浮かべながら聞いてくるのは、康太の母親だ。肩より少し長い髪で、童顔の彼女はまだ若々しく、女子大生の中に混じっても違和感がない感じだ。
いくら早くに康太を産んで、それほど歳がいっているわけではないにしても、異常なほど若々しい。
彼女は、いつものピンク色のエプロンの下に、薄い紫の縦に織り目の入った長袖のセーターを着ている。普通の主婦の格好だが、童顔の彼女がしていると、料理教室に通うOLのように見えてしまう。

そして、康太を母乳で育てた事で妊娠前よりも大きく育った胸は、エプロンの上からでもはっきりと存在を主張している。
そんな彼女が、椅子に座る康太の前で床にひざまずき、優しくズボンの上からペニスを撫でながらそんな事を聞くのは、恐ろしく背徳的で淫靡なモノに聞こえる。

「だ、大丈夫だよ! 一人でやるから!」
康太は、慌ててそんな事を言う。顔も真っ赤で、照れているのがよくわかる。
『平気なの? 一人でやりきれるの?』

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年3月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【友達】おいしゃさんごっこ【セフレ】

          
※台詞に関しては多少脚色してありますが、
 シチューションは記憶に忠実に書きました。

(1)
俺は東京オリンピックの年に生まれたから、
あれは、そう………昭和40年代始めの頃だった。
俺は片田舎の官舎に住んでいた。名前は「T」としよう。
父親が転勤の多い仕事だったため、俺がそこに居たのは
たぶん2年ぐらいだったと思う。

俺は当時4歳ぐらい。
今ならとっくに保育園か幼稚園に通うべき年齢だが、
その地には近くに保育園しかなかった。
また当時は3年保育の子は少なく、1年保育または保育なしで

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2015年3月2日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【野外】田舎だからこそなのか自分が悪いのか 【露出】

私が住んでいるのは地方のさらに田舎。
近所の人はみんな顔見知りだし、
昼間、家の鍵は開けっ放しというの当たり前。

中学2年生のある日、振り替え休みの関係で平日が休みになった。
家で一人なのでのんびりお昼頃に起きて、お風呂へ。
家に誰もいないという事、夏の暑い時季という事もあり
裸のまま首にタオルをかけてリビングへ。

すると驚いたことに近所の電気屋さんのおじさんとバッタリ。
え、え、っと私はパニックになってその場を動けないでいると
おじさんは私の裸を凝視しながら、
テレビの修理をお母さんに頼まれて、お母さんには許可はとった。
怪しい者じゃない、わかるだろ、そこの電気屋のおやじだよ!

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||

2015年2月28日 | エッチな告白体験談カテゴリー:野外露出の体験談

このページの先頭へ