Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】まさみ【セフレ】

こんにちは。まさみです。
この前、実行しました。
シャツを羽織って、あとは少し長めのコートだけ、スカートもはかなかったの。コートのポケットに穴を開けて。
すごい変態、ばれないかな。知られたらどうしよう。
もちろん、下着は一切着ませんでした。
家を出たときから、ドキドキしちゃって帰ろうかって思ったんだけど、何故か身体が・・・。
数人の人とすれちがったとき、すごく感じました。
股間の疼きがだんだん激しくなっていくの。
柵に囲まれたところにベンチがあったの。そこでコートの前を広げて乳房をさわり、クリトリスをいじってお〇んこに親指や持っていたソーセージでオナニーしました。
もう、すごいベトベトになってました。
でも、達した後わかったんですが、見られていたんです。
知らなかった。思いっきり走って逃げました。つけられなくてよかったです。
いったときにおしっこもらしちゃって、そんなとこ、父にまた見られちゃって、どうしたらいいでしょうか。
今、何も着ないでお〇んこに指を入れながらメールを書いています。
これからお風呂に入っている父に呼ばれているので我慢して入りに行きます。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年7月20日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】あっという間の出来事【セフレ】

母親というものは、子供のためなら
たくましくなるらしい。
健康ランドに行ったときのこと、
おれは、風呂あがりで、体をふいていた。
入り口近くの、ロッカーだった。
おむつをした子供が、入ってきて、
おれのほうに、近づいてきた。
若い母親が、追いかけて入ってきた。
母親はバスタオルを体に巻いて、手で押えてた。
おれはフリチンのまま、子供を抱き上げて渡した。
母親は、子供を受取りながら、
目を丸くして、おれの半勃起のフリチンを見てた。
その時、バスタオルがずり落ちて、
その母親も素っ裸になった。
すぐに子供を床におろして、

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2015年3月29日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【芸能人】スザンヌ離婚危機!旦那が上田桃子と浮気 【フィクション】

2015年01月14日
カテゴリ:芸能ニュース芸能人の気になる噂・ゴシップ速報・スキャンダル

スザンヌ離婚危機!旦那の斉藤和巳が上田桃子と浮気・ブログに出てこないwww(アメブロ子供画像あり)2ch「夫の女癖悪いな」「前嫁にやったDV流産キックくらわなかっただけマシ」

【芸能】スザンヌ離婚秒読みか…ブログから夫の姿が突然消えた

引用元:

<>1:砂漠のマスカレード★@\(^o^)/2015/01/12(月)12:08:16.14ID:???0.net<>
2011年12月に結婚した福岡ソフトバンクホークスの元コーチ、斉藤和巳(37)とタレントのスザンヌ(28)夫婦に離婚危機説が浮上している。

これまでも何度か週刊誌で不仲説は報じられてきたが、昨年12月に発売された『週刊文春』が再び2人の不仲説を報じ、夏頃から険悪な状態だったという。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年3月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:芸能人との体験談

【学校】水泳の授業で熱中症になった女子が水着を脱がされすっぽんぽんに 【性域】

中学2年の夏、その日はよく晴れていて、最高気温が35度を超えるような暑い日だった。
そんな日の水泳の授業。

うちの学校の体育は男女合同で、プールを使うときは1コースから3コース、4コースから6コースの半分ずつ男女に分かれて使っていた。

体育の教師は50歳代のおじさんで、生活指導もしていたからか、何かあると頻繁に長い説教をしていた。
その日も、少しふざけていた男子や、お喋りばかりしている女子を見て授業を中断し、全員をプールサイドに座らせて説教を始めた。
説教が終わると、そのまま平泳ぎの手足の動きについて解説して、実際にやってみろということで、やっとプールに入ることができた。

ところが、泳ぐ順番待ちをしていたとき、長い間炎天下に晒されていたからか、1人の女子がプールサイドで倒れてしまった。
みんなが、倒れた女子の周りに集まりだし、すぐに先生も駆け寄って来た。
先生はその女子の様子を見ると、お姫様だっこのような格好で抱きかかえてプールサイドの日陰まで連れて行った。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2015年1月11日 | エッチな告白体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】出張でちょっとだけ良い思いをした体験談【セフレ】

最近、新幹線は禁煙車の方が混んでいる。そういう俺も禁煙車の愛用者だが。
さて冬のある日、出張で朝の上りひかり号に乗車した時のこと。
新幹線は超満席で、デッキに立客もいる。俺は指定席の二人がけ通路側D席に座って居たのだが、後ろの方で「足がじゃまだよ」「パソコン打てねえじゃねえか」「すみません」「オギャー(×_×)」「デッキ行けよ、馬鹿-_-#」
ふと、後ろを振り向くと、窓際の席に座った子連れのママが、隣に座っている若いリーマンに文句を言われていた。
あまりの言われように、「ちょっと兄さん、赤ちゃんが泣くのは、当たり前だろ、あんたの方がうるさいよ」と俺は強面に言った。
「だけどよぉ、このガキの足が邪魔なんだよ」確かに、男の膝の上にはノートパソコン。
気持ちは分からないでもない。
若い丸顔のお母さんは、1歳ぐらいのむずがる女の子を抱えてうつむいている。
「じゃあ兄さん、俺代わってやるよ。俺は東京着くまですることないし」「本当っすか」
若いリーマンは荷物をまとめると、俺と席を替わった。
「すみません、ありがとうございます」「いえいえ、自分も子持ちだから分かりますよ。赤ちゃん、こんにちは(^◇^)」赤ちゃんの機嫌が多少良くなった。
話を聞いてみると、単身赴任しているご主人が なかなか帰ってこないので任地に子連れで押しかける所だという。
単に話を聞くと言っても、朝の上り新幹線は静粛な空間。自然と頬を寄せて語り合うような形になっている。奥さんが、俺の耳に息を吹きかけるように語り、おれも息を吹きかけるように小声でささやく。おれはどぎまぎしたが、奥さんは意に介していないようだ。
奥さんが子供を抱えて立ち上がろうとするので、「どちらへ??」「・・・・」「子供見てますよ」「すみません」
確かに、デッキは立ち客で溢れていて、子連れでは大変だ。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||

2014年7月19日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】舅が倒れ、舅と旦那の祖母を介護せざるをえない状況になった【セフレ】

28 :名無しさん@HOME : 2011/02/26(土) 22:10:34.51
新婚一年にして、舅が倒れ、舅と旦那の祖母を介護せざるをえない状況になった。
毎日旦那の祖母の体拭いたりおむつかえたり、
舅のトイレや風呂居れるのもずっと体支えてあげたり、
糖尿病の舅、好き嫌い激しい旦那祖母、肉が食べたい旦那の為に食事を三種類作っていた。
肉体的にも精神的にも辛かったが、
介護すると自分で決めたことだから弱音は吐かなかった。
旦那は仕事が忙しくて介護に一切協力してくれなかったが、
老人ホーム捜しと費用の為に頑張ってくれていると信じていた。
ある日旦那がパソコンの前で眠っていた。
タオルケットをかけてあげたら画面が目に入った。
「嫁がブスで辛い」スレ
一瞬体が動かなくなった。

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2014年7月14日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】赤ちゃんが欲しかった私たちが堕ちた罠【NTR】

事の始まり

これからお話するのは、何とも言えず奇妙なお話です。いつの間にか人生の迷路に入り込んでしまった私たちの恥ずかしい話を聞いてください。
私と妻は結婚して5年になります。私が31歳、妻は27歳ですが、大恋愛の末に結ばれて、幸せな毎日を過ごしていました。私たちの唯一の悩みは子供ができないことだったのですが、結婚後3年目くらいまでは、「やり過ぎかな」などと言って笑い飛ばしていました。でも、5年に入って、二人ともだんだんと心配になり、不妊治療の産婦人科に通うことになりました。妻の友人に、同じように不妊で悩んでいた人がいて、その人に口コミで紹介してもらった病院に行きました。その人も最後には妊娠したのですが、あまり詳しいことは教えてくれなかったそうです。
その病院は横浜市内にあって、病院というより、ひっそりとした一軒家でした。私たちのように口コミの客が中心で、大きな宣伝はしていません。
初めて、診察を受けに行ったとき、出てきたお医者さんは、30代後半の色白の紳士で、この人なら信頼できるという感じでした。ショックだったのは、いきなり妻が内診されたことと、私がオナニーで精液を採取するように言われたことです。男子トイレで私がオナニーをしている間に、妻が内診を受けているかと思うと、とても辛かったのを覚えています。もっとも、その後の私の苦しみに比べれば、ぜんぜん、大したことはありませんでしたが。
数日して、検査結果を伝えたいう医師(X医師とでもしましょうか)に呼び出されて、二人で病院に行きました。X医師は険しい顔をしながら、こう言いました。「あなたがたご夫婦は非常に難しいケースです。まず、ご主人の精液中の精子の数が非常に少ない。また、奥様は生まれつき妊娠しにくい体質をされている。このままでは、赤ちゃんを授かるのは難しいかも知れない。」私たちはショックのあまり、その後の専門的な説明にはほとんど頭が回りませんでした。
X医師は、説明が一区切りついたあと、「どうしても赤ちゃんが欲しいですか。」と尋ねました。私と妻はしばらく顔を見合わせましたが、どちらからともなく「はい。」と答えていました。
X医師は、もし、そうならご主人の精液は使えないので、ドナーの精液を使うしかないと言いました。何人かの見知らぬドナーから提供された精液を混ぜ、本当の父親が誰かは分からないようにしたうえで、妻に人工授精をするというのです。私は、妻の体内に見知らぬ男性の精液が入るというだけで耐えられない気持ちでした。妻も悩んだようですが、私が強くならなければならないと思い、私の方から「やってみよう」と言いました。たとえ、父親は私でなくても、妻の子であることには違いないのですから。
そこまで悩んで始めた人工授精も、うまく行きませんでした。何回か失敗した後、X医師は私たちを呼んでこう言いました「奥様にも、妊娠しにくい体質という問題がある。人工授精というやりかたでは難しい。そもそも精液をビーカーで混ぜたりするので、フレッシュでなくなるので、奥様が妊娠しやすかったとしてもうまくいかないケースが多い。」では、どうしたらよいのでしょうか。「言いにくいのですが。道は二つしかありません。一つはあきらめる。もう一つは・・・、ドナーから、直接、フレッシュな精液の提供を受けることです。」直接、提供を受ける?「つまり、優秀な精液を出せるドナーの方と、直接、セックスすることです。」
私たち夫婦はハンマーで殴られたようなショックを受けました。X医師は「大切な問題ですから、お二人でよく考えなさい。」と言って私たちを帰しました。
その夜は、ふたりで手を取り合って泣きました。妻は「もう、あきらめます」と言います。でも、妻がひと一倍子供を欲しがっていることを知っている私は、あきらめさせることができません。そして、私は言ってしまったのです「いちどだけ試してみよう。それで妊娠すればそれでよし。だめだったら、そのとき考えよう。いちど試してみて、ふたりとも辛かったら、もうやめよう。」妻は、「ごめんね、ごめんね」と言いながら頷きました。悪いのは、精子の薄いわたしなのに。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月4日 | エッチな告白体験談カテゴリー:寝取られの体験談

【修羅場】う○この達人(後日談)【絶望】

う○この達人


 携帯






以前、う○こを漏らして婚約者家族に慰謝料請求されたものです。
あの後ちょっとした修羅場が発生したので投下させてもらいます。
多分覚えてない方、知らない方が多いと思うので簡単に状況説明を先に。

・婚約していたA美家族の新築した家に招かれたる事になった、俺と両親。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||

2014年5月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】その分私が大切に使いますから【絶望】

598:1/22013/07/23(火)17:53:13.99

長文かも
俺、長男だけど小さい頃から両親に「使えない奴」って言われ続けてきた
親がそんな調子だから弟も妹もそんな風に扱う
で、おかしなことに使えない奴って言われながら酷使され続けてきた
小さい頃は家事係、就職したら家事係兼財布係
おむつ替えて靴下はかせてやったりしたチビたちに「小遣いもっとよこせよ使えねーな」と言われるようになった時は悲しかった
でもぼんやり使われながら生きてた
そして図書館でふとした切っ掛けで嫁と出会いお互い好きになって結婚した
嫁は料理が苦手だから仲が深まってからは俺がマンションに通って飯とか作ったりした
俺、恥ずかしながら外で週一程度旨いもん食える程の金も無かったんだ
でも甲斐なしなんて言わず嫁は喜んでくれた
「嬉しい、美味しい、ありがとう、御馳走様」ってさらっと言えるところに益々惹かれた

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2014年4月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【人妻】人妻の弁護士と【他人妻】

人妻弁護士42歳の純子とセフレになって2年になります。
勉強会で知り合いました。やり手の弁護士ということなのに、飲み会でお酒が
入ると可愛いい感じ、年の割にスリムで男好きのする体つきではありました。二次会で二人になったとき、太ももに手をやると、そのまま触らせてくれたの
で、嬉しくて、そのまま彼女の法律事務所へ行き、暗い執務室で、初めてやっ
てしまいました。自分の仕事机にうつ伏せにさせて、スカートをまくしあげ後
ろから入れました。びっくりするくらい大きな声で叫び、のけ反りました。
私も興奮して、そのまま1回。イスに座ってまたがらせて、乳首を吸いなが
ら、もう一回中出ししました。それ以来、週に1回は夜の時間をみはからって、彼女の事務所に行きます。
「溜まったらいつでも来てね」と言われましたから。
窓に手をついて、外の裁判所を見ながら、バックから挿れたりしました。
上司の席に座って、ひざまずかせてフェラさせたこともあります。
フェラで私の精液を、おいしそうに飲みます。
執務机に仰向けに寝て、クンニされるのが好きになったようです。純子の亭主は大手都銀の幹部です。子供はひとりいるが、出産の時から亭主と
は没交渉になったらしい。
亭主とのセックスではイッタことも、感じたこともなかったと言います。「あなたに仕込まれてから、すっかり味を覚えちゃって」と純子は笑います。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月10日 | エッチな告白体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 512345

このページの先頭へ