Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【手コキ】親友(中出し)【痴女】

受験が終わり僕達はたっぷりと時間が出来た。
毎日のようにA、B、C、Dがうちに遊びに来るようになった。逆にそのせいで絵里との時間が減ってしまいセックスの回数も減ってきた。ただ、Cが持ってくる様々な無修正のDVDを借りることができたのでオナニーのネタには困らなかった。DVDに出てくる女性を絵里に見立てて1日に3回以上オチンチンをシコシコと扱いて射精していた。たまたま誰も遊びに来ない日があり、僕はすぐに絵里の家に電話をかけ絵里を誘った。
絵里も嬉しそうに「シャワーを浴びてからすぐに行くね」と言ってくれたので、絵里もやる気満々だと思い僕も急いでシャワーを浴び、丹念にオチンチンを洗って絵里が来るのを待った。絵里が来ると僕はすぐに部屋に上げた。絵里はコートを脱ぐと2月という寒い季節なのに超ミニスカートだった。それだけで僕は興奮し絵里に抱きつき舌を絡め太ももを摩った。
「もう我慢できなかった。ずっとしたかったの」と絵里も我慢の限界だったらしい。
僕はもっとこの場を盛り上げようと、「Cから借りたDVDがあるんだ。観ようよ」と絵里の返事を待たずDVDを再生した。
絵里と並んで座り僕は絵里の服の上からオッパイを揉んだり、太ももを摩ったりした。
絵里も僕のジャージの上から大きく硬くなったオチンチンを摩りながらDVDを観ていた。お互いが興奮し始めた頃、絵里が「DVDみたいにしてみようよ」と言い僕を脱がし全裸にさせた。僕も絵里を全裸にさせた。
絵里はDVDの女性がするのと同じように、オチンチンをしゃぶりながら玉を手で転がしたり、カリに沿って舌をはわせたり。シコシコしながら玉を舐め、口に含み転がしたりした。しまいにはお尻の穴まで舐めながらオチンチンを扱いてくれた。
今までのフェラではここまでしてくれなかった。気持ちが良いのと絵里がそこまでしてくれる行為でかなり興奮し、お尻の穴を舐められながら「うぅ!いくよ!」と言って射精した。
今までとは比べ物にならないくらいの快感。電気が走ったようなり精液も僕の胸の辺りまで飛んだ。
僕にかかった精液を絵里は綺麗に舐め、吸ってくれた。精液だらけのオチンチンも綺麗にしてくれ、
「気持ちよかった?カズにはもっと気持ちよくなってほしいよ」と言いながら、オチンチンに残った精液をチュウチュウと吸ってくれた。僕もお返しに絵里のオマンコを丹念に舐めた。クリトリスを吸いながら指を入れたり出したり。
DVDでしているように手マンで激しくGスポットを刺激した。絵里も今までにないくらいの泣くような声で喘いで感じてくれて、僕の手マンでいってくれた。DVDのように潮は吹かなかったが、オマンコから太ももまで愛液でビショビショになっていた。さっきいったばかりの僕のオチンチンは、すでに勃起し上を向いていた。
それを見て「ハァハァもう、ハァ元気にハァなっちゃってる」と激しい吐息をしながら絵里は僕にこっちに来てと言う様に両手を広げて誘ってきた。
僕は絵里に抱きつくと絵里は僕のオチンチンを握って自分のオマンコへ導いて挿入しようとした。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】手コキが楽だしエロかった 【痴女】

去年の今頃の話、某コミュでメールしたらすんなり返信があった。
名前は美香という子。
募集内容が「精子大好き!」って応募で
俺も変態チックな奴だから、食糞とかは無理だけど
SMとか平気だったし、そこらへんの変態女が来ても
へこたれない精神を持っている!と自負してたw

まぁ今回も「精子大好き!」って言っても
フェラで口内射精したり、身体にかけて!と言ったり
どうせそれくらいでしょ?と思って

どんなプレイが好き?とメールすると
とにかく精子の色、匂い、味、全てが好きで
ちんぽから搾り取りたいだけ搾らせて欲しいとの事。
その場合は口に出そうが、中に出そうが出してくれれば

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月26日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】精子大好き女に手コキされたw 【痴女】

去年の今頃の話、某コミュでメールしたらすんなり返信があった。
名前は美香という子。
募集内容が「精子大好き!」って応募で
俺も変態チックな奴だから、食糞とかは無理だけど
SMとか平気だったし、そこらへんの変態女が来ても
へこたれない精神を持っている!と自負してたw

まぁ今回も「精子大好き!」って言っても
フェラで口内射精したり、身体にかけて!と言ったり
どうせそれくらいでしょ?と思っていた。

どんなプレイが好き?とメールすると
とにかく精子の色、匂い、味、全てが好きで
ちんぽから搾り取りたいだけ搾らせて欲しいとの事。
その場合は口に出そうが、中に出そうが出してくれれば

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月13日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】妹と毎日Hな事してた【痴女】

俺には1歳年下(妹は早生まれだったので実質2歳近く離れていた)の妹がい
た。俺とは仲が良くおままごととかして遊んでいた。
いつごろからはじめたのかはっきり覚えていないんだけど、Hな遊びもやって
いた。
妹はやせっぽちで、手足のひょろひょろと長い女の子だった。
それでもオマンコはぷっくりしていて、俺の好きな形だった。
俺はスケベなガキだったので、近所のほとんどの女の子のオマンコを見たこと
があったが、妹のオマンコが一番綺麗だと思っていた。
妹は、俺がすることには何の疑問も持たずに言うことを聞くので、いろんなこ
とをやらせた。
最初は、同じ部屋で寝ていたので同じ布団に入り、キスの真似事をしていた。
そのうち俺は妹のオマンコをいじるようになった。妹にも俺の勃起したチンポ
をさわらせた。妹は嫌がらずに触った。
布団の中で、キスをしながらお互いにオマンコとチンポを触りあうことは毎晩
やっていた。でも子供なのであんまり遅くまでやってると次の日が眠いので長

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】ヨーロッパに行ったら・・・・ 【痴女】

この間ヨーロッパに行ったら16世紀のヨーロッパが見えたその時霧が出ていて・・・・・

エッチな告白体験談検索用タグ

|

2014年2月23日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】包茎相談5(訂正):感触と翻弄【痴女】

芳子「ちょっと、触ってみるよ。」
祐平「えっ」
祐平はまさか触って貰えるとは思っておらず、芳子のその言葉に驚いた。
芳子「え、だって、見ただけじゃ分からないでしょ。」
芳子は興奮しながらも、あくまでも祐平の相談に乗っているだけと言う姿勢を崩さなかった。本当は触りたいだけではなく、射精してみたり、舐めてみたり、不謹慎にも膣内に入れ、自ら祐平の包茎で快感を得てみたかったのである。つまり芳子は不倫や浮気が許されるなら、祐平と肉体関係を持ちたいと思う様になってしまったのである。仮に2人だけの秘密と言う事にしても、芳子はその日に限って排卵日で妊娠しやすい体になっており、後で暴かれる可能性が極めて高いのである。
祐平「は、はい」
祐平はそう答えると芳子はゆっくりと祐平の包茎に右手を伸ばしていった。芳子は我慢汁で濡れている祐平の包茎を根元から優しく触れるように握ってみた。ヌルッとした感触と硬さが芳子の手に伝わった。同時に祐平の体温がそこに凝縮されているかの様な暖かさを感じた。祐平からは芳子の柔らかく滑らかな手の感触と冷たさが心地よかった。すると包茎の包皮口から滲み出るように我慢汁が出て、芳子の膝に滴り落ちた。
祐平「す、すみません」
祐平は謝ったが、芳子は全く怒ってなどいなかった。
芳子「ううん、男の子は仕方ないでしょ。それに祐平は女性に見せる先生が初めてでしょ。」
祐平「…」
祐平は何も言えなかった。むしろ興奮し、上を向いている包茎の包皮口に池の様に溢れそうなほど我慢汁が滲み出ていた。すると芳子はその包皮口に蓋をする様に握っている右手の親指を優しく当ててきた。それによって、下に滴り落ちなくなったが、溢れた我慢汁は祐平の包茎をなぞり、芳子の右手の人差し指に達した。すると、芳子は包皮口を塞いでいる親指を小刻みに動かし始めたのである。
くちゅくちゅ、くちゅくちゅ
包茎口から卑猥な音が零れる。
祐平は息遣いが荒くなり、いつでも射精できそうだったが、必死に堪えていた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】妹の手コキ【痴女】

俺が高校1年のときだった、受験も終わりほっとしていた。
小6の妹と一緒にお風呂に入っていたときのことでした。
妹は成長がはやく160センチくらい身長があり、おっぱいも膨らみ始め、あそこにも毛が生えてきました。
そんな妹に女を感じてしまい、不覚にも俺の息子が勃起してしまいました。
妹は「わー、お兄ちゃん起ってる・・・、触ってもいい?」と興味津々に目を輝かせながら、言いました。
俺はすけべ心が湧き出て、「こうすると気持ちいいんだよ。」と当時覚え始めたオナニーを妹に手伝わせました。
つまりしこしこと・・・
妹は「固い・・」と言いながら、手伝ってくれました。初めて人にやってもらう気持ち良さから、すぐに射精が・・・
裸の妹にこれでもかと白い液体を吐き出しました。
「きゃー」と言いながら「これが精液か・・・」と見ていました。
俺は妹に両親には絶対言わないように口止めしました。
その日以来、お風呂場は俺のオナニーを妹が手伝う場所に変わりました。
俺が「やって・・」と言うと、妹は「やったげる・・・」と言うのでした。
妹は俺がいくときの困ったような苦しい顔がなんともいえないのだそう。
妹は中1になると、ますます女っぽくなり、あそこに毛がびっしり生え、おっぱいもCカップくらいになりました。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||

2014年2月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】義妹はやりまん 2 いよいよ【痴女】

親たちと昼食に行ってちょっと楽しいひと時を過ごし帰宅する。
何が楽しいって、隣にみくが座っての食事に浮かれまくっていましたから。
昼食後親父たちは荷物を取りに行くとかで、俺一人で帰宅した。
もう頭の中からSEXの事が離れない。
ちらっと見えたみくのおまんこを思いだしながら激しく勃起。
もう夜まで我慢できません。
一人寂しくオナニーに耽りながら時間をつぶし、結局3回も放出してしまった。
16時30分頃親父が帰って来たが母親とみくの姿が無い。
後日改めて荷物を持ってこちらに来る事になった様で
そうならそうと電話の一つもくれれば、こんなに落胆せずに済むのにな~、
まあ、いずれは来る事だしと気持ちを切り替えオナニーで鎮めました。翌日早朝から何やら騒がしく目が覚めた。
「おい、お前も早く起きて掃除手伝え、みくちゃんの部屋お前の隣の部屋に
することにしたからよ」
これは願ったり叶ったりだった。
急いで飛び起き全力で掃除をするとものの1時間で終了。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年2月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】悪戯された思い出【痴女】

小六の時、お隣のお姉ちゃん(高校生くらいだったはず)の家に預けられた。(よく覚えてないが、何か用事で遅くなるからだったかな)お姉ちゃんの親は母親しかおらず、しかも仕事で家に帰るのはいつも10時くらいだった。
ご飯を一緒に食べて、テレビゲームをして遊んでいたが、お姉ちゃんがお風呂に入りなさいと言うので自分の家から着替えをとってきた。
何だか不自然な気がしたが、断るのも何なので言われるままに入ることにした。
で、当たり前のようにお姉ちゃんも一緒に入ることに。
やはり恥ずかしいので、前を隠しながら早く済ませようとしたが、お姉ちゃんが黙って後ろから俺の体を洗い始めた。
なでられているみたいで心地よかったが、お姉ちゃんの手が何故か俺の股間に伸びた。
自分で洗うからいいと手をどけようとしたが、優しかった腕に急に力が入り、押さえつけられてしまった。
あまり俺は力の強い方ではなく、お姉ちゃんはバレー部で、体格差はかなりのものだった。
突然無言で押さえつけられて、当時の俺は相当ビビった。
しばらくお姉ちゃんは怖くて何もできなくなった俺のあそこをじっと見つめていたが、やがて飽きたのかもう一度あそこに手を伸ばし、おちんちんを指でつかみ、下に引っ張り、皮をむいた。
亀頭が出ると、お姉ちゃんはもう片方の手でそっとピンク色のそれを撫でた。
腰が浮くような感覚がしてぶるっと体が震えた。
お姉ちゃんはごくりと唾を飲み込んで、亀頭をふにふにと揉んだり、袋の部分を下からやわやわと揉んだり、タマタマをつかんだりした。
おちんちんをいじられているうちにだんだん堅く大きく勃起していくのが自分でもよくわかった。
お姉ちゃんはピンと上を向いたおちんちんをしばらくいじっていたが、なにやら首をかしげ、先端の穴を指先で広げ、なでた。

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月22日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】妹と一回だけ…【痴女】

俺は18で3歳した(15歳)の妹がいます。
俺の親は共働きでほとんど家にいないし、親らしい事はほとんどしてくれなかった。
妹が10歳の時までは一緒に風呂入ったりしたけど今は体も発達?したせいもあって入らないけど。
・・・・本題に入ります。
ある日の夜、親は仕事で家には俺と妹だけ・・・
する事がないので7時ぐらいからホラー映画を妹とみた。
ムードを出そうと部屋を暗くしてみた、この時は残念ながら?何もなかった。
晩飯も喰いおわってしばらくすると・・・・
  ピーーーーーーー 風呂が沸いて入る準備をしてると・・・・
妹「ねぇ・・・・あのさぁ・・・・」
俺「何?あぁ・・もしかして怖くなっちゃったとか??」
妹はもぞもぞしながらコクリと頷いた・・・
俺「で?先風呂入る??」
妹「そうじゃなくて・・・・そのぉ・・えっとぉ・・・なんでもない・・・」
顔を赤くして何か言いたげだったんだけど・・・

このエッチな告白体験談の続きを読む »

エッチな告白体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月21日 | エッチな告白体験談カテゴリー:手コキの体験談
1 / 5012345...102030...最後 »

このページの先頭へ