Hな告白体験談ブログ 最新更新情報!

2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】私の願望を聞き入れてくれた妻【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】女教師から受けた罰【スカトロ】
2018年1月14日マニア・スカトロの体験談
【マニア】ペニスリング③【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 後編【スカトロ】
2018年1月13日マニア・スカトロの体験談
【マニア】なおぼんは見た 前編【スカトロ】

【友達】聖乱美少女-4【セフレ】

カテゴリー:

『 第四章 恐喝資金調達 』

梅雨が明けると一気に夏本番が来る 強い日差しが砂浜を熱地獄に変える
ひまわりと小麦色肌に焼けた麦藁帽子の少女が合う季節だ
砂浜では7歳〜10歳くらいの幼い少女達が水着姿ではしゃぎ回る
紺色布生地のスクール水着が濡れ身体に密着し少女達の股間はスクール水着が
食い込み大陰唇の形が良く分かる
おおっ何て可愛い縦筋なんだ・・たまらんの と思いながら段々とロリ好きに
成って来たと同時に己の肉棒が強大化して来た
えっ?俺の身体(肉棒)があんな幼い身体を欲しがっている俺は変態か??
その時、一人の美少女が俺の所に来て何やら下半身を”モジモジ”させながら
恥ずかしそうに話し掛けた
「あの〜キャンプ場の方ですか トイレを貸してください」
俺は少女のすらりと伸びた足の方から舐めあげるように視線を動かしながら
「いいよ 遠慮なく使いなさい」 4号バレーボールくらいの可愛い

小さいお尻を左右に振りながらトイレの方へ走って行った
おしっこくらい 海の中ですればいいのになぁ・・・・そうだ閃いたぁ
“海の家”を作ろう これは儲けるぞ
俺はシャワー室の天井を修理している地元建設に相談した
「組み立て式 海の家を建設すると金額はいくらですか」
大工職人が「そうだな800万くらいかな 中古を使うと500万だな」
500万かぁ色々設備を付けると最低700万は要るな
資金調達に悩みながら俺は管理事務所に入った
「お〜〜すっ 元気ないね」と尚子と真弓が来た その後ろに
長い黒髪を風なびかせ薄ピンク色ワンピースを着た温和しい少女がいた
俺の肉棒が”ズキン”と唸る 好みだぁと鼻の下を伸ばす俺に尚子が
「前話した 麻美ちゃんよ 中絶して安静中なんだけと連れ出したよ」
麻美は両手を前に添えて一礼し「お金はありがとうございました」
俺は麻美の細い肩に手をやり「大変だったね しかし彼氏は卑怯者だな」
尚子達は怒り「体育教師の二人が麻美ちゃんを輪姦したのよ」
俺は”教師”という職業にまた閃いた「ねぇ その体育教師に仕返ししょうよ」
尚子と真弓は「麻美ちゃん 気が済むまで殴りなさいよ」と麻美を見つめる
悪知恵が早い俺は尚子にデジタルカメラを渡し体育教師を撮るように命じた

翌日、尚子が「変態教師の写真を撮って来たよ 何するの」と不思議そうに
デジタルカメラを俺に渡す
俺はパソコンに画像を写し教師が麻美を強姦する様子の合成写真を作成した
その様子を見ていた尚子が「なるほど この写真で恐喝するんだぁ」
俺は股間を擦りながら「肉棒が立った・・尚子っ・・しゃぶれ」
尚子は机の下に潜り込み素早くズボンから肉棒を取り出しフェアを始めた
「グググッ ジッパッ モグモグ ジッパッペロリ 気持ちいい・・」
俺の顔色を伺いながら肉棒の敏感の所を探し しゃぶる尚子
尚子は長い肉棒の根元から天辺まで舌先を往復させ”ぱくっ”と肉棒に
食らい付き”ジルルルル”と啜ると快感に俺の身体は反り返る
俺は尚子の頭を掴み「おっおっ 気持ちいいぞ うぉぉおっ」
尚子が肉棒を”ジッパッ”と吸い込みながら口を離すと肉棒と唇の
間を唾液の糸が引く 俺は一言「入れろ」
尚子は椅子に腰掛けている俺の下半身に跨り対面座位でゆっくりと
腰を下ろすと綺麗に閉じ合わさった縦筋が”ニルッ”と左右に開き
膣内の中へと埋めて行くと顔を上に向けて”うっあっ”と息を吐き出す
尚子は挿入時の肉棒の感覚を味わっているかのように見えた
「ああん 凄いっ 大きいわ うっあはん あっそこそこっあああっ」
“グイグイ”とリズムカルにピストン運動を繰り返す尚子っ
肉棒が引かれる度に愛液は白く濁り泡となって出て来る
俺は尚子を強く抱き締め膣内奥の子宮口に肉棒を突き刺した
色っぽく伸びる首筋大きく開いた白い喉の奥から悦び絶頂の甘声が響き渡る
「あああっうあっ だめっあっああっあふんうふん あっああっぁぁあっ」
余りにも激しい尚子の腰振りに俺は限界が来た
「おいっ 尚子ちゃん 出る 出るぞ 降りろ 早く降りろぉぉぉ」
尚子はエクスタシーの頂点か俺の声が届かない
「あぐっあっぎゃぁぁ はぁあああっ 気持ちいいわ あんあんあっ」
強い射精感と共に肉棒は”ドックンドックン”と鼓動を打ち尚子の
子宮に精液が流し込まれた
尚子の卵巣は精液に反応し膣内は伸縮を繰り返し俺の精液を吸い取る
肉棒が引かれる度に愛液と精液が混ざり溢れ出る 肉棒は尚子の
膣内の中で凋みまた強大化して来た
俺は肉棒が突き刺さったままで尚子を四っん這いにして
肉付きの良いお尻を掴み再びピストン運動を繰り返した
俺の股間が尚子のお尻肉を”バンバン”と叩き 尚子の膣内からは
暖かい体温と鼓動が肉棒に伝わる
尚子のお尻を鷲づかみにして揉み回すと強い弾力が手の平に返って来る
巨乳は腰の動きに合わせて”ユッサユッサ”と揺れる
尚子の膣内凸凹ヒダを亀頭クサビに引っ掛けて味わいながら
ピストン運動を繰り返す そして 二発目の射精感が迫り
「ちくしょう 最高の射精感だぜ 尚子っしっかりと卵巣で受け止めろ」
「私も イク イク 失神しそう あんあああぁぁぁぁあっ」
肉棒は子宮口に突き刺さり再び精液が子宮に流し込まれた
“ビックンビックン”と全身痙攣をしながら尚子の身体は精液を受け入れる
尚子は絶頂顔で「はぁはぁはぁ また中出し・どうしょう」
お互い見詰め合い俺は「妊娠したら俺様の子供を産めよ」
尚子は即答に「嫌よ 私はまだ中学生よ 遊びたいの」と
己の縦筋に指を入れて精液を出している尚子

数日後、俺は中学校門に居た 金バッチ付きスーツに身を包み
六法全書を持ち体育教師室へ入って行った
俺は般若顔で「こんにちは 弁護士事務所のほうから来ました」
体育教師は驚き顔で「弁護士さんが何のようですか」
俺は強姦現場の合成写真を机上に出し「麻美さんのご両親が訴えています」
体育教師はニヤ笑いしながら「何だ 合成写真だな びっくりしたぜ」
俺は嘘も簡単に見破られ計画は失敗と思ったが悪知恵が早い俺は直ぐに閃いた
「はははっ そうだよ合成写真だよ だがな マスコミに渡すとどうなる」
“マスコミ”という言葉に弱いのか「てめえっ 弁護士じゃないな」
俺は平然と「だ・か・ら 弁護士事務所の・ほう・から来ました」
「てめえっ どこかで・・見た事あるぜ・・そうだ週刊誌に載っていた
 少女痴漢犯だな 恐喝罪で警察に通報するぜ」
俺は笑いながら「はははっ マスコミは合成写真や嘘でも記事するぜ
 ”変態教師 教え子を輪姦”するてな これは傑作だ はははっ」
体育教師は「てめぇ見たいな悪党と話をしたくない」と他所を見る
俺は「そういえば 警察隊長がいい事言ったな ”もうお前には
人生と言う言葉ない 社会から掴み出される”とな」
その言葉に体育教師は身震いをした
俺は机を蹴飛ばし怒鳴りながら「われっ俺をなめるな」
体育教師は両手を前に出し「わ・分かったから落ち着け 金だろ」
俺は直ぐに平常心になり「そうだよ お金だよ 2千万用意しろ」
体育教師は室内電話で同僚の体育教師を呼び出し内緒話を始める
しばらくして「2千万は高い 1千万なら何とかなる」
俺はニヤ笑いしながら「今日 この口座に振り込め分かったか」と
体育教師室を後にした
夕方、銀行で確認すると間違いなく1千万振り込まれていた
やったぜぇ これで海の家の資金調達したぜと楽しくスキップを
踏みながら帰った そして”海の家”の建築は急ピッチで進められた

エッチな告白体験談検索用タグ

||||||||||||||||

【友達】聖乱美少女-4【セフレ】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


Hな告白体験談ブログ 前後のページナビ!

2015年6月6日 | エッチな告白体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ